ゲームのあした!

PS VITA専用メモリーカードについて

2011年09月23日
ゲーム
メモリーカード PS VITAではセーブデータを保存する際に「PlayStation Vitaカード」(ゲームROM)に保存するタイプと、「PS VITA専用 メモリーカード」に保存するタイプがあり、セーブデータの保存方法はゲームのタイトルによって異なってくるようです。ゲームの購入時には必ず確認しておきたい注意点です。

スポンサーリンク

「PS VITA専用 メモリーカード」は、セーブデータのほかにもダウンロードコンテンツや動画、画像、音楽など多様なデータを保存することが出来るようになっています。本体には内蔵フラッシュメモリがないので、最低でも1枚は必要になってくるのではないでしょうか。せっかく買うなら大容量の32GBを買っておけばしばらくは安心かと思いますが、なにかと出費がかさみますね…。メモリーカードの価格の高さには驚きました。

本来ならソニーが出している「メモリースティックPro duo」が使えれば良かったんだと思いますが、セキュリティ上の問題から独自規格のメモリーカードになったようです。その為、同容量のメモリーカードと比べても価格が割高となっています。それでもいま注目のハードですし、発売後少しの間は本体と共に入手しづらいかもしれませんね。

私もPS VITAを買おうか悩んでますが、一度に欲しい周辺機器やアクセサリーなどを揃えられるかどうか少々不安です。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)