ゲームのあした!

NEC Ultrabook(ウルトラブック)「LaVie Z」約875gの軽さを実現。今夏注目の軽量薄型PCが登場

2012年07月05日
エンタメ
LaVie ZNECパーソナルコンピュータは、Ultrabook(ウルトラブック)「LaVie Z」を2012年8月中旬に発売することを発表しました。「LaVie Z」は、解像度1600×900ドットの13.3型スーパーシャインビューLED液晶を搭載し、重量が約875グラムという世界最軽量(2012年7月現在、NEC調べ)の軽さに加えて、約14.9ミリという薄さを実現した、NECが誇る今夏大注目のUltrabookです。

スポンサーリンク

LaVie Z

軽量型ノートパソコンで一般的に使われている、アルミニウム合金やマグネシウム合金よりも軽い画期的な新素材、「マグネシウムリチウム合金」を世界で初めて筺体の一部に採用。


LaVie Z

約875グラムの軽さと、約14.9ミリの薄さが実現できた背景には、「マグネシウムリチウム合金」という、NECがUltrabook「LaVie Z」の為に独自に開発を行った新素材が大きく貢献しています。

電源ボタンを押すと、わずか約2秒でパソコンが起動する「クイックパワーオン」、液晶パネルを開けるだけで、約2秒でパソコンが起動する「パネルオープンパワーオン」など、日本のメーカーらしい付加機能も搭載しています。

発売時想定価格はLZ750/HSが16万5000円前後、LZ550/HSが13万5000円前後、NEC公式パソコン直販サイト「NEC Direct」では109,830円~発売。

「NEC Direct」では7月3日から8月22日(15時注文分)まで、3大特典の予約キャンペーンが付いた、直販サイトだけのカスタマイズ(BTO)購入可能な「LaVie G タイプZ」の受注を開始。購入者には8月23日より順次配送予定。


NECの軽量薄型技術が「LaVie Z」に集結、といった感じでしょうか。久々に手に取ってみたいと思わせるPCが出てきました。薄さや軽さが特徴ということで持ち運びに特化していますね。HDDではなくSSDを搭載しているので、起動時間や動作レスポンスなどを短縮できるのも魅力です。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)