ゲームのあした!

「ドラゴンズドグマ」PS3版の体験版をプレイした感想

2012年04月24日
ゲームの感想
ドラゴンズドグマ体験版をプレイしてみて思ったことを、ずら~っと書いています。

スポンサーリンク

2012年4月24日よりPS3とXbox360両機種の体験版が配信された、カプコンのオープンワールドゲーム「ドラゴンズドグマ」のPS3版の体験版を早速プレイしてみました。数回遊んでみたので感想を掲載したいと思います。ちなみにPS3版の容量は1715MBでした。

今回配信された体験版に収録されている内容は、キメラ戦が楽しめる「プロローグクエスト」、グリフィン戦が楽しめる「フィールドクエスト」、自分のプレイヤーキャラクターと、相棒となる“ポーン”のキャラクターエディットができる「キャラクターエディット」の3つのモードを収録されています。


ドラゴンズドグマ


体験版をプレイしてみて良かったところを挙げてみると、キャラクターや背景も含めて、空気感が感じられるグラフィックはとても綺麗でした。イベントシーンの演出もファンタジー映画を意識したような作りになっていて、本作のスケールの大きさを充分に物語っていました。

操作性は複雑ではなく、キャラクターの基本操作が画面に表示されているので、操作に慣れるまでは操作方法を横目で確認しながらゲームをプレイできるのも良い感じです。

敵とのバトルですが、重量感と迫力のある闘いはまさに圧巻。体験版では大空を舞うグリフィンとの闘いが楽しいと思いました。キャラクターエディット機能も、自分が思っていた以上に細かくキャラクターを作ることができるので、思わずのめり込んでしまいました(笑)。ちなみに作成したキャラクターは、製品版への引継ぎが行えるようになっています。

気になったところを挙げてみると、仲間との会話は英語による音声と日本語による字幕で表示されるのですが、字幕を見ながらのプレイはちょっと厳しいかなと思いました。キャラクターを操作していると、特に敵との戦いの際には字幕を見ている余裕が殆どありません。それと小型モンスターのHPバーが見づらいと思いました。

体験版を総評してみると、個人的に「ドラゴンズドグマ」は面白い作品だと思いました。これがオンラインのマルチプレイに対応していたらもっと良かったと思います。この辺りは後々の作品に期待したいですね!


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)