ゲームのあした!

3DS「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」体験版をプレイしてみた

2012年01月25日
ゲームの感想
熱血硬派くにおくん熱血2Dアクションの体験版が、ニンテンドー3DSの体験版で配信開始!

スポンサーリンク

昨年の12月、ニンテンドー3DSで発売された「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」ですが、2012年1月25日より、ニンテンドーeショップにて体験版の配信が開始されたのでダウンロードしてみました。今作品は、くにおくんシリーズの25周年記念作品として制作されたソフトです。

くにおくんというと、ファミコン世代の人だと遊んだことが無い人はいないほど、有名なソフトだと思います。基本的にキャラクター同士の殴りあいなので、対戦ゲームとしてはもってこいのゲームでしたね(笑)

今回体験版をプレイする際に、くにおくんシリーズがニンテンドー3DSになったことによって、どのようなグラフィックになったのか気になりましたが、基本的にファミコン版で描かれていた8ビットテイストのグラフィックを元に、キャラクター達が描かれていました。


熱血硬派くにおくん すぺしゃるのゲーム画面


体験版は「ミッションモード」と、「バトルロイヤル」の2つのモードが遊べるようになっていました。「ミッションモード」では、課された課題(制限時間内に敵を倒す、制限時間内にお金を手に入れるなど)にチャレンジし、「バトルロイヤル」では、生き残りをかけて他のキャラクター達と戦うモードです。

体験版ということもあってか、どちらのモードも基本的に自分がやれらないように殴っていれば、意外とあっさりとクリアできました。キャラクターの操作もファミコンがベースのゲームだけあって、操作が複雑ではないのは良いですね。

熱血硬派くにおくん すぺしゃるは、ファミコン世代にとっては懐かしい気持ちで遊べるし、今の世代にとっては新鮮な気持ちでプレイ出来るゲームだと思いました。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)