ゲームのあした!

HORI「フルピタ貼り for ニンテンドー3DS」レビュー 簡単にキレイに貼れるおすすめ保護フィルム

2011年11月20日
レビュー
フルピタ貼りニンテンドー3DSをキズや汚れから守るために必要な保護フィルムを購入しました。

スポンサーリンク

ニンテンドー3DSの購入と一緒に、保護フィルムも合わせて購入しました。今回購入したのが、HORI「任天堂公式ライセンス商品 フルピタ貼り for ニンテンドー3DS」です。

HORIといえばゲーム関連の周辺機器を数多く手がける老舗メーカー。この商品を選んだ理由は、任天堂公式ライセンスを受けていること。新方式を採用したことで、誰でも綺麗に貼ることが出来るということ。アマゾンを見ると、ニンテンドー3DSと一緒に購入している方が多いこと。これらの理由により購入することにしました。

この記事ではセット内容の紹介と、実際に貼ってみた後の使用感を簡単にレビューしていますので、購入を考えている方の参考になれば幸いです。


フルピタ貼り for ニンテンドー3DS セット内容



フルピタ貼り
取扱説明書、へら、クリーニングクロスです。へらは、気泡を逃がすために使います。“へら”は一見すると必要の無いものに見えるので、捨てないように注意が必要です。最初は必要の無いものと思い、捨てそうになってしまいました(笑)


フルピタ貼り
上画面用フィルターと、下画面用フィルターです。上画面用フィルターは、AR層搭載で光の反射を抑えて、液晶が見やすくなる作りです。下画面用フィルターとその他のフィルターは、液晶画面等に適した高強度のハードコート(PET)層がタッチペンによるキズや指紋汚れなどから守ります。


フルピタ貼り
天面用フィルターと、底面用フィルターです。


フルピタ貼り
十字ボタン周り用フィルターと、操作ボタン周り用フィルターです。


実際に貼ってみた



ニンテンドー3DS アイスホワイトに、「フルピタ貼り for ニンテンドー3DS」を貼ってみましたので、画像を以下に掲載しました。私の撮影能力が無いので、すごく見づらい画像で申し訳ありません(泣)本体が白いので貼ってあるのか分かりづらいですが、きちんと貼ってありますよ。


フルピタ貼り


フルピタ貼り
本体に保護フィルムを貼った触り心地も問題ありません。


フルピタ貼り


フルピタ貼り
タッチスクリーンの気泡も殆ど無いように貼ることが出来ました。


保護フィルム自体にも貼り方の手順が書いてあり、わざわざ説明書を見直す必要が無いので、とても親切な作りになっていると思いました。手順を通りに行えば、誰でも簡単に貼ることが出来ると思います。貼ってみた際に気泡が出来てしまったのですが、付属している“へら”を使えば、ある程度の気泡は押し出すことが出来ました。
実際の貼り方を紹介している動画がありますので、貼る前に一度見ておくと良いですよ。




ちなみに動画の最後に、失敗した際は交換可能とありますが、この記事で紹介した「フルピタ貼り for ニンテンドー3DS」は交換対象外なので注意してください。交換対象は「ピタ貼り for ニンテンドー3DS」になります。


タッチスクリーンの反応



保護フィルムを貼る前と、貼った後でタッチスクリーンの反応の変化は特に感じませんでした。タッチペンで触っても、指で触っても画面の反応は良好です。画面が見づらく感じることもあません。ニンテンドー3DS本体をキズや汚れから守ってくれるし、貼り方も簡単なので、買っておいて損は無いと思いました。保護フィルムを検討している方におすすめの商品ですよ。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)