ゲームのあした!

FF11 交換用HDD PS2からの乗り換え Xbox360・PCで始めるには

2011年10月19日
雑記
FF11FF11を今後も遊び続けるためにはどうすれば良いのか。

スポンサーリンク

新生FF14が電撃発表され、現在未プレイの私はどういった環境でプレイしようか、PCのスペックを考慮したり色々と妄想に耽っていた(笑)のですが、ふと、FF11をPS2版でプレイしている人がどれくらい居るのか気になってしまいました。

最近のPCではオンボードグラフィックでもそこそこ遊べるようだし、PS2のHDDの容量不足やHDDの劣化の問題、画面が止まってしまうフリーズが多発したりなど、PS2でFF11をプレイすることが厳しくなってきたのでは、と思った為です。

ネットで調べてみて多かったのが、HDDの劣化による問題。HDDが読み込めなくなりFF11がプレイ出来なくなった方も多いようです。HDDの寿命は使用環境にもより、大体5年前後だと思われます。

私はPC版でFF11をプレイしていたので見落としていたのですが、PS2のHDDは個人での交換は不可だと思っていたのですが、HDD拡張用のベイを備えたPS2であれば、HDDの増設や交換が出来ることを知りました。そこで必要となるのが、「Playstation 2専用 ハードディスクドライブ (EXPANSION BAY タイプ 40GB)」です。

このHDDがあれば再びFF11がプレイできる!といきたいのですが、この時代に40GBのHDDに1万円も払えるのか、という問題もありますし、迷っているうちに生産終了を迎えてしまうかもしれません。

HDDが外付けタイプの場合は、交換用HDDが使えないのでサポートセンターに頼るしかなさそうです。但し、部品の保守義務期間が過ぎている可能性もあります。

PS2でFF11をプレイするのは、さすがに厳しくなってきた感はありますね。引き続きFF11をプレイする為には、Xbox360版、PC版に切り替えるという方法もあります。ちなみにPS3の場合はPS2の互換機能を備えた初期型であれば、FF11はプレイ可能です。

Xbox360でFF11を遊ぶには


HDDを装備したXbox360本体、Xbox360版のFF11インストールディスクが必要になります。Xbox360本体には現在のところ、価格の安い4GBのディスクを備えた本体がありますが、これだと容量不足によりFF11のインストールが出来ないので要注意です。

Xbox360でFF11を遊ぶには -あると良いもの


お手持ちのテレビにHDMI入力端子があるなら、HDMIケーブルの購入をお勧めします。本体に標準で付属される赤白黄のコンポジットAVケーブルよりも、高解像度の綺麗な映像でゲームが遊べます。

既にお持ちのキーボードがUSBタイプであれば、殆どの場合Xbox360本体で認識されると思いますが、マイクロソフトから、Xbox360対応を謳ったキーボードも販売されています。アマゾンの商品説明に、Xbox360対応と表記されているのを探したので、紹介しているキーボードは約4,000円とちょっと高めですが、USBタイプであれば安価な1,000位のキーボードでも認識できるようです。

PCでFF11を遊ぶには -FF11推奨PCを用意する


まず、お手持ちのPCでFF11が動くかどうか試したい場合には、FF11ベンチマークを試してみましょう。ベンチマークを実行することにより、そのPCでどれだけ快適にゲームが動くかが分かります。

FINAL FANTASY XI for Windows オフィシャルベンチマークソフト (公式サイト)

PCが必要な場合には、FF11推奨を謳ったPCから選ぶのが手っ取り早いです。最近ではCPUの高速化やPCのオンボードグラフィックも性能がどんどん上がり、安価なPCやメーカー製PCでもFF11が動く機種も多くなってきていますが、最初からゲームの対応を謳ったPCを選ぶことにより、より高性能なスペックになり、さらなるゲームの快適さや安心感を得ることが出来ます。

PCでFF11を遊ぶには -ソフトを用意する


インストールディスクは市販されているヴァナディール コレクション2の他に、スクエニのe-STOREからダウンロード購入する方法があります。ダウンロード版はヴァナ・ディール コレクション3となり、これまでにリリースされた全ての拡張パックを含む完全版となっているのが特徴です。これはPC版(Windows)だけであり、Xbox360版やPS2版には用意されていません。

ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション3 (公式サイト)

PCでFF11を遊ぶには -低価格なPCから選ぶ


推奨PCはちょっと値段が高い、なるべく安くすませたいという場合には、ASUSの「K53TA」が良いかもしれません。店舗によっては4万円台前半で購入でき、低価格でありながらクアッドコアCPUを搭載し、単体GPUをも搭載した実力派ノートPCです。

このPCは少し変った特徴があり、CPU内蔵グラフィックの「Radeon HD 6520G」と、単体GPUの「Radeon HD 6650M」を組み合わせることにより、高パフォーマンスでゲームを動かすことが出来ます。この状態でFF11ベンチマークを実行すると、impressさんの記事によると、HIGI 3683、LOW 5501というスコアを出しており、HIGIのスコアでFF11をデフォルト状態でとても快適に動作させることができる、「とてつよ」PCとして利用できます。
ASUSTeK Computer「K53TA」~クアッドコアのAMD A6-3400Mを搭載した15.6型ノート (impress)

グーグルで「k53ta ff11」などで検索をかけると、このPCでゲームをプレイするために購入する人が多いことが分かります。FF14もそこそこ遊べてしまう性能を持ちながら価格も安いので、結構人気が高いようですね。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)