「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」店頭用プロモーションムービーが公開

FF148月27日の発売日まであと僅か!最終テストとなるオープンβも開始されたFF14に、日本全国の量販店などで流されるプロモーションムービーが公開されました。映像はMMORPG初心者やFF14を知らない人向けの内容です。YouTubeでも公開されているので、わざわざお店に足を運ばなくても大丈夫。12分51秒の映像を見れば、新しくなったFF14にきっと興味が湧きますよ。





個人的に感じているだけかもしれませんが、ここまで注目を集めるMMORPGは、2002年に発売されたFF11以来ではないでしょうか。ファイナルファンタジーがMMORPGになったということで、注目度もかなりのものだったと記憶しています。2012年にドラゴンクエストがオンラインに対応した時も凄かったですが、今回はその時以上の盛り上がりを感じますね。

FF11発売当時はブロードバンド回線が普及し始めた頃だったので、ダイヤルアップやISDNなどのナローバンド回線で接続している人も多かったり、PS2でプレイするためのBBユニット(ハードディスク)がなかなか手に入らなかったり、Windows版は推奨スペックが高すぎてプレイするのに敷居が高かったり、などなど、FF11をプレイするだけでも結構大変なものでした。

私はWindows版でスタートしたのですが、初めのうちは必須環境を下回っているパソコンでプレイしていたので、動きがカクカクしてて大変でした。なにしろプレイヤーの数がとても多かったので、モグハウス以外はどのエリアに行ってもカクカクなのは変わらなかったですね(^_^;)。


一度発売されたゲームを作り直し、新体制となった吉田直樹プロデューサーの元、開発チームが総力を上げて作り上げてきたFF14の発売はもうすぐ。幾度か放送されてきたプロデューサーレターライブで、開発状況の進捗具合を生報告してきたことも良かったと思うし、待ちに待ったPS3版が発売されること、FF11の時よりもオンラインゲームに抵抗を感じない人も増えたと思うし、やっぱりファイナルファンタジーというブランドの強みもありますから、新しくなったFF14は、FF11が発売された時以上の話題を集めていることは間違いないのではと思いますね!


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

ゲーム カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
攻略本「ファイアーエムブレム無双」徳間書店から発売
「ポッ拳 DX」DL容量、取扱説明書、データ引き継ぎ、amiiboの使い方などのQ&A
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。