「Xperia Tablet Z SO-03E」発売日は3月22日、簡単なスペック紹介

SO-03EクアッドコアCPU搭載、防水/防塵対応、ワンセグ対応、フルHDディスプレイなど、高い性能を持ちながらも世界最薄を実現したハイスペックタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」。3月22日の発売日まであと少しと迫ってきていますが、そのスペックについて簡単に自己考察します。


SO-03E スペック

OS: Android 4.1
CPU: 1.5Ghz クアッドコア
RAM: 2GB
ROM: 32GB
ディスプレイ: 10.1インチ
解像度: 1920×1200
厚さ: 6.9mm
質量: 495g
バッテリー: 6000mAh


タブレット端末ということで、10.1インチの大画面と6000mAhの大容量バッテリーを搭載していることが魅力のSO-03E。6.9mmという薄さにこれだけ大容量のバッテリーを搭載している機種はこれまでにありましたでしょうか。利用シーンでは外に持ち運んで使うことも多いと思いますが、6000mAhという容量は安心感があります。

クアッドコアCPU、メモリー2GBといったスペックも高い処理能力を誇っているので、ウェブの閲覧や動画の再生程度なら全く問題は無いだろうし、例えば3Dゲームといった高い負荷がかかる処理でもスムーズに動作する可能性があります。

本体の厚さが薄いと、鞄などに入れて持ち運んだ際に本体にダメージが加わらないか不安になりますが、軽量強化グラスファイバーをバックパネルに採用することにより、高い剛性を実現しているようです。


Xperia Tablet Z SO-03E(ソニー)


スポンサーリンク





関連コンテンツ(広告含む)


エンタメ カテゴリの記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。