「とびだせ どうぶつの森」ダウンロード版のSDカード空き容量は、1GB(8,192ブロック)必要

とびだせ どうぶつの森ニンテンドー3DSソフトで今一番の話題作である「とびだせ どうぶつの森」。本作は特にダウンロード版との相性が良いゲーム。パッケージ版とダウンロード版、どちらが適しているかよく考えて購入しよう!


任天堂より2012年11月8日発売予定のニンテンドー3DSソフト「とびだせ どうぶつの森」には、パッケージ版のほかにダウンロード版の販売も合わせて予定されていますが、ダウンロード版を購入した際に必要となるSDカードの空き容量が、1GB(8,192)ブロックと判明しました。

2012年10月5日に配信された「とびだせ どうぶつの森 Direct」にて任天堂の岩田社長も仰っていましたが、どうぶつの森は毎日コツコツと遊ぶのに適しているゲームなので、パッケージ版を購入するよりもダウンロード版を購入したほうが、ゲームカードの入れ替えをする手間が省けて楽です。

ダウンロード版を選ぶことによってゲームカードの貸し借りができなくなるとか、SDカードの空き容量の確保が必要になってくるとか、購入価格が若干高くなるとかありますが、購入予定の方は一度どちらを購入したほうが自分に適しているか再確認しておくことをおすすめします。


ダウンロード版を購入したいけどSDカードの容量が足らない場合には、大容量のSDカードを用意しましょう。どうぶつの森ではゲーム中で撮影した3D写真を保存することもできるので、撮影するたびに空き容量が減っていきます。いまは大容量のSDカードも価格が安くなっているので、この際に購入するのも良いかもしれません。今後のことも考慮して8GBや16GBといった容量ではなく32GBを選ぶのが良いでしょう。ダウンロード版や体験版もたくさん保存することができるようになります。ニンテンドー3DS(LL含む)は、最大で32GBのSDHCカードに対応しています。

ちなみに私の場合、今回のどうぶつの森は購入するか迷っている段階ですが、買うなら迷わずダウンロード版を選びますね。私の3DSは容量が足らなくなってきたこともあって、32GBのSDカードを実装済みです!
当ブログで過去に投稿した記事で参考になりそうなものをピックアップしてみたので、宜しかったら参考にしてください。私が購入したSDカードの紹介やデータ移動方法を紹介しています。


「ニンテンドー3DS」 ダウンロード版の購入方法と、そのメリットとデメリット
トランセンドのSDカードとmicroSDカードを、Amazonフラストレーションフリーパッケージ(FFP)で購入しました
「ニンテンドー3DS」 SDカードの交換方法(データ移動)


スポンサーリンク





関連コンテンツ(広告含む)


ゲーム カテゴリの記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。