PS4「ゴッドイーター2 レイジバースト」体験版から製品版へのセーブデータ引き継ぎ時の注意点

ゴッドイーター2 レイジバースト

PlayStationの有料会員サービス「PlayStation Plus」の10月配信分のコンテンツのひとつとして、先に開催された東京ゲームショウ2018で情報が明らかにされたフリープレイタイトル。バンダイナムコエンターテインメントのPS4ソフト「ゴッドイーター2 レイジバースト」(GE2RB)。

本コンテンツの配信に先駆けて、製品版へのセーブデータ引き継ぎ可能な体験版を早速始めた方も多いと思われますが、体験版から製品版へのセーブデータ引き継ぎに関して、バンダイナムコの「家庭用ゲームソフトお問い合わせ窓口」に注意事項がまとめられていましたので、当エントリーでもご紹介してみたいと思います。



製品版へのセーブデータ引き継ぎは、「INPORT SAVEDATA」ではなく「CONTINE」を選ぼう!


Q:「体験版」から「製品版」への引き継ぎについて

A:本製品では、「体験版」と「製品版」のセーブデータが“同一のデータ”となっております。

そのため、「体験版」から「製品版」へセーブデータを引き継ぐ場合には、「CONTINUE」のいずれかを選択してください。

※「INPORT SAVEDATA」から「GE2RBから引き継ぐ」では、「初めから」しか選択できず、ストーリーの進捗を引き継ぐことができません。

※本件については、「Project G.E. 公式ブログ」の以下の記事でも紹介させていただいておりますので、あわせてご覧ください。

【GE2RB】体験版からの引継ぎ時の注意(2015年2月19日)

引用元:家庭用ゲームソフトお問い合わせ窓口(バンダイナムコ)


ゴッドイーターのオフィシャルブログ(引用内のリンクを参照)にも記載されているのですが、ゴッドイーター2 レイジバーストは体験版と製品版とで共有のセーブデータが使われているため、製品版を初めて起動したときには「CONTINE」(続きから)を選べば良いそうです。

これは、”体験版で作成したセーブデータが製品版でそのまま使える”という意味ですね。

どうやら本製品の発売時に、”体験版からの引き継ぎだから”という理由で「INPORT SAVEDATA」→「GE2RBから引き継ぐ」を選ぶ人が多かったらしく、このやり方だと体験版からのセーブデータを引き継ぐことができないため、結果としてちょっとしたトラブル騒ぎになってしまったようです。

本作のPS4版がフリープレイタイトルとして提供されるということで、注意喚起が改めて必要だと思い、記事にしてみました。

ゴッドイーター2 レイジバーストの体験版から製品版(フリープレイ)へのセーブデータ引き継ぎは、「INPORT SAVEDATA」ではなく「CONTINE」を選べばOKです。





スポンサーリンク




関連コンテンツ(広告含む)