「Nintendo Labo」ダンボールが破損した場合の対応と、ヒモ、輪ゴムなどの付属品の購入について

Nintendo labo

任天堂からの新しい遊びの提案として、ニンテンドースイッチとダンボールを組み合わせた画期的な遊びが楽しめる、ニンテンドースイッチソフト「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」が4月20日に発売日を迎えました。本作では遊びの要となるアタッチメントをダンボールで工作しますが、破れるなどして破損してしまった場合の対応について、また、ヒモ、輪ゴムなどの付属品を紛失してしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?気になったので調べてみました。



ダンボールが破損した場合、まずはテープなどで処置を


Q:【Nintendo Labo】ダンボールが破損した場合、どうすればよいでしょうか?

A:テープなどで修復したり、新しいダンボールと交換したりして、ご自身で直してお使いください。

修理対応は承っておりません。

引用元:任天堂サポート情報(任天堂)



「テープで修復するってなんて原始的なんだろう…」と一瞬思ってしまいましたが、ダンボールに対して行うのでそれもそうですよね。

なお、自らの処置でどうにもならない場合は、わざわざゲームショップで同じ商品を購入せずとも、任天堂の通販サイト「任天堂パーツ販売」でダンボールのみをシート単位で購入することができます。

任天堂の通販サイトと聞くと、昨年開設した「マイニンテンドーストア」が有名ですが、任天堂パーツ販売は任天堂のゲーム機(ニンテンドースイッチ・Wii U・3DSなど)の保守部品を取り扱うサイトになっています。

また、Nintendo Laboで使われる、ヒモ、ハトメセット、輪ゴム、再帰性反射材シート、スボンジシートなどの付属品も、こちらで購入することができます。

>> 任天堂パーツ販売(任天堂)


スポンサーリンク




関連コンテンツ(広告含む)