「Nintendo Switch Onlineアプリ」ボイスチャット中に電話がくると接続は切れてしまうのか?

ニンテンドースイッチ オンラインニンテンドースイッチのゲームで友達をネット対戦に誘ったり、ボイスチャット(音声通話)を実現してくれる任天堂のスマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」。対応ソフト「スプラトゥーン2」が発売されたことで、同アプリを連携させて楽しんでいる方も多いと思われます。なかでもボイスチャットを利用する方が多いと思われますが、ボイスチャット中に電話がくると接続はどうなってしまうのでしょうか?気になったので調べてみました。


通話するとVCは切れてしまうが、再び同じルームで再開可能



Q:【Nintendo Switch Onlineアプリ】ボイスチャット中に電話がかかってきたり、LINEが届いたりした場合、応答しても問題ないでしょうか?

A:はい、問題ありません。
通話中や他のアプリを起動している間、ボイスチャットの接続は切れてしまいますが、もう一度「Nintendo Switch Online」アプリを起動することで、同じルームでボイスチャットを再開することができます。

引用元:任天堂サポート情報



「Nintendo Switch Onlineアプリ」では、ボイスチャット中にかかってきた着信に出たり、他のアプリを起動したりすると、ボイスチャットの接続が切れてしまうことが分かりました。

実際に試せていないので分かりませんが、通話後にアプリを再び起動する必要があるとのことから、シングルタスク的な動作をするようにも思えます。

ボイスチャットと同時に通話すると話の内容が混乱してしまうので、ボイスチャットの接続が切れてしまうのは問題ないと思いますが、この仕様だと、例えばボイスチャット中にブラウザを起動してゲームの攻略サイトを閲覧したり、SNSを利用したり、ToDoを確認したり…、といった複数のアプリを同時に使い分けるマルチタスクな使い方をすることができません。

どうやらアプリ自体がバックグラウンドでの動作をサポートしておらず、ボイスチャットの接続を維持するには「Nintendo Switch Onlineアプリ」の画面を常時表示していなければならないようです。

通話アプリの「Skype」や「LINE」は、通話中にブラウジングしたりゲームしたりすることもできるので、「Nintendo Switch Onlineアプリ」も今後のアップデート次第では、将来的にマルチタスクによる動作をサポートする日が来るのかもしれません。


余談:マルチタスクはスマホの動作が不安定になることも



複数のアプリを同時に起動していると、CPUやメモリー(RAM)の使用率が上がるので、状況次第ではスマートフォンがそれらの処理を抱えきれなくなることで、動作が遅くなったり重くなったり、終いには強制終了してしまうなどの不安定な状態に陥ってしまうことがあります。

またそれに伴い、端末の温度が上がって発熱した状態になったり、バッテリーの消費量が上がることで待ち受け時間も当然のように短くなってしまいます。

マルチタスクはアプリの切り替えが瞬時に行える便利な機能ですが、このように複数のアプリを起動したままの状態にしておくと、スマートフォンの動作に良くないことも起こってしまいます。

なかでも、これまで長期間使っていて性能的にも古くなってしまったスマートフォンの場合は、特に注意が必要かもしれません。

これは「Nintendo Switch Onlineアプリ」に限ったことではありませんが、もし何かしらのアプリを起動したときに動作が不安定になってしまった場合には、マルチタスクで起動しているアプリから不要なものがあればそれを閉じるようにし、CPUとメモリーの使用率を抑えるようにすることでスマートフォンの動作が安定するようになる可能性があります。




スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


ゲーム カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
VC「ポケットモンスター 金・銀」DL容量と金・銀の違い
「探偵 神宮寺三郎 GOTD」DL容量とセーブ数、初回特典について
ウエハースが入ってないキットカットに遭遇した思い出
ゲオの2017年度お盆ゲームセールの情報が公開
攻略本「いただきストリート DQ&FF 30th」スクウェア・エニックスから発売
アイスを買うと「セーラームーン×マイメロディ」のクリアファイルが貰えるキャンペーンがセブンイレブンで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。