動画で学ぼう!ニンテンドースイッチ液晶保護フィルムの貼り方

HORI ピタ貼り周辺機器メーカーのHORIから発売される「ホリパッド for Nintendo Switch」について、ひとつ前のエントリーに投稿しましたが、その記事を書いている最中に、同社のニンテンドースイッチ対応の液晶保護フィルムについて、公式自らがその正しい貼り方を解説する動画がYouTubeにあることを発見。すごく役に立つ内容なので当エントリーでもシェアしたいと思います。


使い始める前にまずは液晶保護フィルム!でも貼り付けに失敗したらどうしよう…



私が携帯ゲーム機やスマートフォンなどの画面タッチ機能のある端末を購入する際に、必ずと言っていいほど一緒に購入してしまうのが液晶保護フィルムです。

液晶保護フィルムは、本体の表面上で最もデリケートな液晶部分を傷や汚れから守ってくれるだけでなく、種類によっては目の健康に悪影響となるブルーライトを軽減してくれるものもあるなど、プラスアルファな付加価値の存在も見逃せません。

実際のところ液晶保護フィルムなんて無くても端末の使用には問題ありませんが、人間の性というものなのか、せっかく高いお金を出して購入したものについては、できるだけ長くキレイに使いたいと考えてしまうことが購入理由にあります。

1,000円前後で購入でき、“貼る”という簡単な作業だけで恩恵が受けられる便利な液晶保護フィルムですが、貼り付けに失敗してしまうと取り返しがつかなくなってしまうことを恐れてか、いざ実践しようともなると緊張してしまい、取扱説明書を繰り返し何度も読んでは心を落ち着かせています…(^_^;)

取扱説明書に書かれてある文字と図解で流れをイメージし、自信が付いたら作業に取り掛かるのですが、100点満点の仕上がりに満足いくこともあれば、気付かないうちに埃や気泡が入ってしまうこともあったり、なかには途中で手順を間違ってしまったためか、完全な失敗に終わってしまったこともありました。

液晶画面は自分の顔と向き合う部分なので、できるだけキレイに貼られてある方が使っていても気持ちがいいですよね。

こういうときは誰か上手な人が貼っている様子を直に見て、学べると良いのですが、なかなかそうはいきません。聞くところによると、一部の家電量販店などでは液晶保護フィルムの貼り付けサービスがあるようですが、これだってタダではありません。


貼り付けの手順を動画で学べる



そんなときに役立てたいのが、今回紹介するニンテンドースイッチ対応の液晶保護フィルムの貼り付け動画です。

百聞は一見にしかず、ということで、取扱説明書を読んで理解するだけでなく、実際に液晶保護フィルムを貼っている様子を動画で学ぶことにより、自信を高めることで成功率を飛躍的に向上させることができます。

下記に紹介する動画は、「HORI」と「Keys Factry(キーズファクトリー)」が発売している、ニンテンドースイッチ対応液晶保護フィルムの貼り付け方法になります。

対象商品をお持ちの方でこれから「貼り付けの義」に入る方は、その前にぜひ視聴しておきましょう!


【HORI】ピタ貼り 貼り付け方法






・貼りやすい液晶保護フィルム ピタ貼り for Nintendo Switch
・貼りやすいブルーライトカットフィルム ピタ貼り for Nintendo Switch





【キーズ ファクトリー】SCREEN GUARD 貼り付け方法






・SCREEN GUARD for Nintendo Switch (ブルーライトカット+指紋防止タイプ)
・SCREEN GUARD for Nintendo Switch (防汚コートタイプ)
・SCREEN GUARD for Nintendo Switch (スムースタッチ+指紋防止タイプ)









・SCREEN GUARD for Nintendo Switch (気泡ができない構造+指紋防止タイプ)







スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


ゲーム カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
「探偵 神宮寺三郎 GOTD」DL容量とセーブ数、初回特典について
ウエハースが入ってないキットカットに遭遇した思い出
ゲオの2017年度お盆ゲームセールの情報が公開
攻略本「いただきストリート DQ&FF 30th」スクウェア・エニックスから発売
アイスを買うと「セーラームーン×マイメロディ」のクリアファイルが貰えるキャンペーンがセブンイレブンで開催
攻略本「Ever Oasis(エヴァーオアシス)」小学館から発売
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。