ニンテンドースイッチで使えるSDカードの種類、認識できる最大容量、転送速度、おすすめは?

ニンテンドースイッチニンテンドースイッチの本体ストレージ(メモリ)の容量は32GBとやや心許ないこともあり、ゲームをダウンロード版で購入していると、本体ストレージが早々に埋まってしまう容量不足の問題に直面してしまいます。そんな時は外部ストレージに「SDカード」を使うことで保存容量を拡張することができますが、ニンテンドースイッチで使用できるSDカードの種類と、認識できる最大容量、さらに転送速度はどのようになっているのでしょうか。


SDカードは必要なのか



まずはじめに、ニンテンドースイッチのゲームを楽しむうえで、SDカードは必ずしも必要ではありません。

現代のゲームソフトの販売形態には、従来の「パッケージ販売」の他に、インターネット経由でソフトをダウンロードする「ダウンロード販売」があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、ダウンロード版のメリットは、ソフトを入れ替える必要なくすぐに起動できるところにあります。

パッケージで購入するとゲームデータの入ったカートリッジやディスクが手元に残りますが、ダウンロードで購入した場合はゲームデータをストレージ(メモリ)に保存する必要があります。

ニンテンドースイッチ本体にはストレージが内蔵されていますが、その容量は32GBです。

例えば、ニンテンドースイッチ対応のゲームソフトに「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」がありますが、ダウンロード容量は13.4GBです。この場合はゼルダの伝説をダウンロードしただけで、ニンテンドースイッチ本体ストレージの約半分が埋まってしまうことになります。

ゲームソフトをパッケージのみで購入していくのであれば本体ストレージが埋まることはないですが、ダウンロード寄りで購入していくとなると本体ストレージだけでは到底足りません。(セーブデータは本体に保存されるので、パッケージのゲームでもストレージを少し使います)

この時にはじめて、保存容量を拡張することができる「SDカード」が必要になってくるのです。

SDカードは別売りです。自分の使い方に見合った容量を選び、購入する必要があります。


ニンテンドースイッチで使えるSDカード



Q:【Switch】使用できるmicroSDカードは何ですか?

A:Nintendo Switchは、microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカードに対応しています。

また、UHS-I規格およびUHSスピードクラス1に対応しています。

※microSDXCメモリーカードを使用するには、インターネットに接続して本体更新が必要です。
※microSDXCの規格上の最大容量は2TBまでです。

引用元:任天堂サポート情報



上記は、任天堂のホームページに掲載されたQ&Aであり、当エントリーのテーマに対する回答そのものです。このQ&Aから、ニンテンドースイッチでは「microSDカード」が使用できることが分かりました。

しかし、「まいくろえすでぃーかーど」と名前は聞いたことはあっても、それがどれを指しているのか、SDカードには種類・容量・速度などの違いで、様々なバリエーションが用意されているので、とても分かりにくいものです。

実際に私もSDカードの転送速度については知らなかったこともあったので、今回記事にするにあたり、色々と勉強することができました。

そこで当エントリーでは、SDカードについて知っておきたい要点をまとめながら、自分への備忘録も兼ねて、ニンテンドースイッチで使えるSDカードについて解説していきたいと思います


種類によってカードサイズが異なる



現在使われているSDカードの種類には、主にパソコンやデジタルカメラ、プリンターなどで使われている「SDカード」サイズと、AndroidスマートフォンやNewニンテンドー3DS、デジタルオーディオプレーヤーなどで使われている「microSDカード」サイズがあります。

またこの他にも、最近ではめっきり見かけなくなりましたが「miniSDカード」サイズもあります。

この3つの種類のうち、ニンテンドースイッチに対応したSDカードは「microSDカード」になります。“micro”の名のとおり、最も大きさの小さいカードサイズになります。


microSDカード
microSDカード(11 x 15 x 1.0 mm)


容量によって名称が異なる



SDカードは容量によって名称が決められています。

■容量毎による名称の違い

・2GBまでを「SDカード
・4GB ~ 32GBまでを「SDHCカード
・64GB ~ 2TB(2,000GB)までを「SDXCカード



このように現在は容量によって3種類の名称で区別されていますが、一般的には「SDカード」と総称されて呼ばれていることが多いです。


ニンテンドースイッチはmicroSDXCカードに対応



このうち、ニンテンドースイッチは「SDXCカード」と呼ばれる規格に対応しています。また、下位互換により「SDHCカード」と「SDカード」にも対応しています。

SDカードは容量が増えるほど価格は高くなるので、安く済ませようと容量の少ないものを選びがちですが、ニンテンドースイッチでは容量の大きいゲームが増えてきているので、microSDXCカードから容量を選ぶことをおすすめします。


microSDXCカードを使うには本体更新が必要



ニンテンドースイッチでmicroSDXCカードを使用するには、インターネットに接続して本体更新をする必要があります。

SDカードを必要とする人は皆インターネット環境があると思いますので、本体更新については特に問題は無さそうですが、ニンテンドースイッチでSDXCカードを使うにはこういった注意点がありますので、本体更新をまだ済ませていない方は頭の片隅に留めておきましょう。


データを読み書きする速度に違いがある



SDカードにはこれまで説明してきたサイズや容量の違いだけでなく、データの読み書きに関わってくる「速度」による違いもあります。

ニンテンドースイッチで使用できるSDカードでは、従来の規格「SDスピードクラス」よりも高速な「UHS-I」に対応。同規格に準ずる「UHSスピードクラス1」に対応しています。(※UHSはUltra High Speedの略)

その最低保障速度は、SDスピードクラスで最も高速な「CLASS(クラス)10」と同じで10MB/秒であるものの、「UHSスピードクラス1」に対応したSDカードをニンテンドースイッチに組み合わせて使用した場合、クラス10の最高速度25MB/秒を上回る、最大104MB/秒のデータ転送速度を発揮します。

なお、このように数字で比較するとUHSスピードクラス1は速度で優れていますが、この速度は共に理論値の値なので、実際の速度は理論値を下回ります。

また、UHSスピードクラス1に対応したSDカードを同規格に非対応の機器に使用した場合は、従来のSDスピードクラスに準じた動作になります。


速度の違いを動画で体感






動画では、SDスピードクラスの「クラス10」と、UHS-Iの「スピードクラス1」のSDカードを用いて、デジタル一眼カメラで連写撮影をしたときの、SDカードへの書き込み速度の違いをテストした内容になっています。

データの転送速度が高いSDカードを使うことで、連写撮影時に撮影データがSDカードへ滞ることなく保存されているのが分かります。カメラと容量は同じであっても、速度の違いでSDカードへの書き込み速度にこれだけの差が出てくるようですね。

ゲームにおける効果だと、スピードクラス1対応のSDカードにダウンロードしたゲームをプレイした場合、従来のSDカードよりも読み込み時間が短縮されたり、画面の切り替わりが早くなるなどの効果が表れるかもしれません。


UHS-I規格とスピードクラスの見分け方



SDカードの見分け方

■ビックカメラ
>> 失敗しないSDカードの選び方


UHSとかクラスとか言われても簡単に理解できるものではありませんが、この画像を見ると頭のなかで情報を整理しやすいと思います。

↑画像のSDカードのマークを見てみると、このSDカードは「UHS-I」規格の「スピードクラス1」(U1)に対応していることが分かります。(※「U」のなかの数字がクラスを表している)

今現在は、スピードクラス1を上回る最低保証速度30MB/秒に対応した「スピードクラス3」(U3)もありますが、ニンテンドースイッチはスピードクラス3に非対応です。スピードクラス3のSDカードを使用した場合は、スピードクラス1と同じ速度になります。

ニンテンドースイッチ用にSDカードを購入するなら、この画像のように「I」と「U1」のマークのある製品から選ぶのがおすすめです。最近のSDXCカードであればほとんどの製品にこのマークが入っているので、購入時に選び間違えることはないでしょう。


容量はどれを選べばよいのか



ここまでで、SDカードの種類・認識できる最大容量・転送速度を紹介してきましたが、読者様には「UHS-I規格のスピードクラス1に対応したmicroSDXCカードから選べばよいのかな」、ということだけは伝わったと思います。

しかし、microSDXCカードには64GB・128GB・256GB・512GB・1TB・2TBといった容量があり、この中から一体どれを選べば良いのか。ゲームの購入はパッケージよりもダウンロード寄りで運用していきたいのであれば、カードの容量は大きいに越したことはありませんが、それに比例するように当然価格は高くなっていきます。

まず、せっかく購入するなら1TBや2TBといった容量を選びたいところですが、これらはまだ製品化されていません。昨年、サンディスクからSDカードの1TBが発表されましたが、市販化までにはまだ道程があるようです。

2014年に512GBのmicroSDXCカードがはじめて市販化されたときの価格はおよそ10万円だったそうなので、1TBが市販されてもしばらくの間は限られた人しか手を出さないでしょう。

次いで、512GBのmicroSDXCカードの価格は今どうなっているのか気になるところですが、検索してみたところまだ市場にあまり出回っていないのか、通販サイトを覗いてみても商品の取り扱いは無いようです。(通常サイズのSDカードならありました)

さらにワンランク容量を落とした256GBですが、この容量にもなると通販サイトで商品の取り扱いがあるようです。メーカーや性能の違いにもよりますが、Amazon.co.jpではだいたい20,000円前後。しかし、カード1枚にこの価格だと手が出せる人はまだ少ないのではないでしょうか。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のダウンロード版の容量は13.4GB、「ドラゴンクエストヒーローズI・II」は32GBです。ニンテンドースイッチではゲームの容量がこれまでの任天堂プラットフォームのタイトルよりも増えてきているので、32GBや64GBを使用してダウンロード版でゲームを購入していると、こちらも早々に容量不足に直面する可能性があります。


おすすめはコスパの良い128GB



これは私の見解ですが、ニンテンドースイッチで使用するSDカードを選ぶなら、現時点でコストパフォーマンスの良い、128GBがおすすめです。メーカーや性能の違いにより幅がありますが、Amazon.co.jpを覗いてみた限りでは7,000円前後で購入できるようです。

256GBに手が出せない人は、128GBが現時点で無難な選択肢と言えるでしょう。


【まとめ】ニンテンドースイッチ用におすすめのSDカード





UHS-Iとスピードクラス1に対応した128GBのmicroSDXCカードをAmazon.co.jpで検索してみて、いくつか良さそうな物をピックアップしてみました。

ここでおすすめしたSDカードは国内サポートが受けられる正規品です。左から、Transcend・シリコンパワー・キングストンは永久保証、Teamは10年保証がそれぞれ付いています。

なお、ここで紹介したおすすめのSDカードは記事執筆時点のものになります。SDカードを含むメモリーカードは価格推移が大きいので、時間の経過とともにより大容量のSDカードが購入しやすい価格帯まで下がってきているかもしれません。市場の動向については都度確認をお願いします。




スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


ゲーム カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
徹夜でプレイしたゲームの思い出
対象商品の購入で、「エヴァンゲリオン」(エヴァ新幹線)のクリアファイルをセブンイレブンで貰おう!
動画で学ぼう!ニンテンドースイッチ液晶保護フィルムの貼り方
「ホリパッド for Nintendo Switch」は、連射ができる低価格な有線コントローラー
攻略本「任天堂公式ガイドブック ARMS」小学館から発売
対象商品を買うと、「けものフレンズ」のチャームが貰えるキャンペーンが、ファミマ&サークルK・サンクスで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。