スイッチ/Wii U「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(BotW)DL容量が公開

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド目前に広がる広大なオープンワールドの世界で、何処に行って何をするのか、その目的はプレイヤー次第。シリーズ最新作は任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」向けのロンチタイトルとしてラインナップされる、ニンテンドースイッチ/Wii Uソフト「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(BotW)がいよいよ発売へ!当エントリーでは、DL版の容量とパッケージ版とDL版のどっちを買うか、迷っている方へのアドバイス(スイッチ向け)を掲載しています。


「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の容量





ニンテンドースイッチソフト「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(BotW)の公式サイトによると、ダウンロード版の容量は13.4GBとなっています。

また、本作はWii U版の発売も予定されていますが、Wii U版の容量は13GBとなっています。


■通販サイトで購入する
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド DL版
>> Amazon.co.jp
>> 楽天ダウンロード

WiiU ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド DL版
>> Amazon.co.jp
>> 楽天ダウンロード


※楽天ダウンロードは、期間&数量限定で15%OFFクーポン配布中。


スイッチで買うならパッケージ版がおすすめ






ニンテンドースイッチの本体ストレージの容量は32GBです。このうち、システム領域が一部を占めているので、ユーザーが実際に使用できる容量は、この数字よりも幾分小さくなります。

仮に本作のダウンロード版を購入すると、ニンテンドースイッチ版は13.4GB以上の容量を必要とするので、それだけで本体ストレージのおよそ半分を使ってしまうことになります。しかも発表されている容量には、“以上”という表記が使われているので、バージョンアップが実施されると容量がさらに大きくなる可能性があります。

ソフト1本をダウンロードしただけで、本体ストレージの半分が埋まってしまうのはどうしても避けたい…、というのは個人的な見解ですが、これは皆さんも同じではないでしょうか。

ニンテンドースイッチは外部ストレージとして、microSDカードをサポート(64GB以上のSDXCは本体アップデート後に対応)していますが、いま現在で市場に浸透している買いやすい容量は、64GB~128GB辺り。

ニンテンドースイッチ発売後は、コストパフォーマンスの良い128GBに人気が集まることが予想されますが、本作でこれだけ容量を必要とすること、そしてニンテンドースイッチにはこれからも対応ソフトがどんどん出てくることに期待するとなると、ソフトの内容次第でダウンロード版を選びたいユーザーにとって、128GBであっても将来的に容量は足りなくなることも考えられます。

また、この他にも、ニンテンドー3DS・Wii Uと比べてもソフトが大容量化していることも、理由として挙げられます。

Wii U(プレミアムセット)も、32GBの本体ストレージを備えている点はニンテンドースイッチと同じですが、Wii Uは大容量の外付けハードディスクをサポートしているので、ニンテンドースイッチよりもダウンロード版が購入しやすいメリットがありました。

ちなみに、ニンテンドースイッチの外付けハードディスクのサポートについては、公式サイトに記載がないので恐らく非対応だと思われます。(将来的にはあるのかも?)

こういった事柄を踏まえたうえでの私個人の見解としては、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のように容量が大きく、且つ、1回のプレイ時間が長くなりそうなゲームにはパッケージ版をおすすめしたいですし、「どうぶつの森」のように毎日起動したいゲームはダウンロード版を、というように、容量だけではなくゲームとの相性も考えて、上手に分けながら運用していくのがベストだと考えています。




スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


ゲーム容量 カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
徹夜でプレイしたゲームの思い出
対象商品の購入で、「エヴァンゲリオン」(エヴァ新幹線)のクリアファイルをセブンイレブンで貰おう!
動画で学ぼう!ニンテンドースイッチ液晶保護フィルムの貼り方
「ホリパッド for Nintendo Switch」は、連射ができる低価格な有線コントローラー
攻略本「任天堂公式ガイドブック ARMS」小学館から発売
対象商品を買うと、「けものフレンズ」のチャームが貰えるキャンペーンが、ファミマ&サークルK・サンクスで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。