Windows10をキーボード操作でシャットダウンする方法

マイクロソフト Windows10私が使っているパソコンはもともとWindows8でしたが、マイクロソフトのキャンペーンを利用してWindows10にアップグレードしました。Windows10では待望のスタートメニューが追加され、従来のWindowsXPに近い操作ができるようになりました。Windows8も使い慣れていましたが、何かの機能を使う際にスタートメニューが画面の左下にあると、安心感があっていいですね。

スポンサーリンク


私はパソコンの操作から長時間離れる場合は、シャットダウンでパソコンの電源を落とすようにしています。主に外出とか就寝するタイミングですね。

この時の操作は、マウスで画面左下の「スタート」(Windowsマーク)をクリックし、「電源」 > 「シャットダウン」の順にクリックして電源を落としています。

パソコンの電源を落とすときは毎回のようにこの操作をしていたのですが、ある時にふと、過去にWindowsXPを使っていたときは、マウスを使わずにキーボードの操作だけでシャットダウンしていたことを思い出しました。

やり方としては、「スタート」 > 「U」 > 「U」の順で、人差し指でキーボードを3回押すだけで簡単にシャットダウンすることができました。

このことを思い出してからWindows10でも試してみたのですが、スタートメニューは表示されるものの、シャットダウンまで持っていくことができません。

パソコンの電源を落とすときにマウスだと操作をミスして、「スリーブ」とか「再起動」を間違えてクリックしてしまうことがあるので、キーボード操作ならそういったミスも少なくて済むのではないかと思った次第です。


Win10をキーボード操作でシャットダウンする方法



Webで解決策を探ってみると、さっそくその答えが見つかりましたので、当ブログでも紹介したいと思います。


■操作手順
1: キーボードの「スタート」キーを押しながら、「X」キーを押す。
2: メニューが表示されるので、「シャットダウンまたはサインアウト」(U)を押す。
3: メニューから、「シャットダウン」(U)を押す。

■dynabook.com
キーボード操作でパソコンの電源を切る(シャットダウンする)方法<Windows 10> 【動画手順付き】


ひとつの方法として覚えておくと良いかも



上記手順によると、最初に「スタート」キーを押しながら「X」キーを押して、通常とは異なるメニューを表示させる必要があるので、WindowsXPと比べると少しだけ手順が異なっているようです。

自分でもやりやすい操作を探ってみましたが、両手を使うときはまず左手の親指でスタートキーを押して、人差し指でXキーを押す。そして右手の人差し指でUキーをちょんちょんと2回押す感じがいいかな。実際に試してみてこの操作がいちばんしっくりきました。慣れてしまえば、マウスで操作するよりも手早くこなすことができます。

また、なんらかの理由でマウスが使えない事態が発生した際にも、この方法が便利です。覚えておいて損することはないでしょう。

今回、キーボードだけでシャットダウンする方法を覚えましたが、マウスでもキーボードでもそう変わりはないので、状況次第でシャットダウンする方法を選びたいと思います。


スポンサーリンク



関連コンテンツ&広告

日記・雑感 カテゴリの最新記事
スポンサーリンク


NEWエントリー
PS4/3DS「ドラゴンクエスト11」のDLカードをローソンで買うと、Pontaまたはdポイントが貰えるキャンペーンが開催
「ARMS(アームズ)」DL容量、パッケージ版とDL版どっちがおすすめ?
「スプラトゥーン2」容量、パッケージ版とDL版どっち?DLカードについて
抽選に応募して映画「メアリと魔女の花」の試写会に参加しよう!キャンペーンサイトまとめ
3DS「テイルズ オブ ジ アビス」DL容量、取扱説明書、早期購入価格について
「スプラトゥーン2」セブンイレブンの購入特典にギアが貰えるDLコードが付属、DLカードの取り扱いもあり
攻略本「マリオカート8 デラックス」エンターブレインから発売
PC版Twitterで「Could not authenticate you.」のエラーを消す方法
【FEエコーズ】コラボDLC「セブンソード」「イレブンシールド」等が、セブンイレブンで限定配信
対象のお菓子を3個買うと、「リラックマの小皿」が貰えるキャンペーンがローソンで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。


スポンサーリンク