ドコモのスマホ料金をより安く!メール使いホーダイに加入してみた

シャープ SH-01DNTTドコモの携帯電話を継続的に利用して、かれこれ15年以上が経過しました。今は4台目の機種でシャープの「SH-01D」を購入してから5年目に入ろうとしていますが、待ち受け状態が多い私の使い方に適していない月々の料金をもう少し安く抑えることができないかと思っていました。今回料金プランを見直すことで、支払料金を大幅に安くすることができたので、その過程と料金を安く維持するためのコツを紹介していこうと思います。


スマホの高い料金を安く抑えたい



SH-01Dを購入したタイミングで、基本使用料に「FOMAタイプSSバリュー」、パケット定額料に「パケ・ホーダイ ダブル2」に加入していました。これに一年割引(10年超)やファミリー割引を適用しているので、月の利用料金は3,400円ほどになっています。

私は通話はほとんどしないしメールもたまにやり取りをするだけで、そのほとんどが待ち受けの状態です。メール、ブラウザ、動画、アプリ等は主に自宅のWi-Fiに接続しているので、ドコモの回線はほぼ使っていません。これで月に3,400円はやっぱり高いです。

SH-01Dを契約するタイミングで自分が事前に決めていたプランなのですが、どうやら誤った選択をしてしまっていたようです(´・ω・`)


メール使いホーダイで料金をより安く



インターネットでドコモの料金について情報を探ってみた結果、基本使用料に「FOMAタイプシンプルバリュー」、パケット定額料に「パケ・ホーダイ シンプル」に改めてみました。

これで、基本使用料(743円)+spモード(300円)/ユニバーサル料(3円)/eビリング割引(-20円)で1,026円(税抜)になります。

これは「メール使いホーダイ」というプランになり、通話はせずにメール中心の活用ができれば、月の料金をこういった額に収めることができます。メールは相手が誰でも国内iモードメール、spモードメールなどの送受信が無料で、写真や動画の添付ファイルも無料だそうです。

プラン変更後にMy docomoで利用料金を調べてみると、メール使いホーダイがきちんと適用されていたので一安心。その後にスマートフォンの設定や実験などでアレコレした結果、パケット通信料が100円ほど加算されてしまいましたが、プラン変更前と比べると月の利用料金を大幅に安く抑えることに成功しました。

変更前と比べてみると約3分の1まで下がっているので、ここまで安くなるならもっと早くからやっておけば良かったな~と後悔…。

ちなみに通話に関しては他プランと比べると無料通話も無く、30秒あたりの料金が20円(税抜)と最も高くなっています。また、メール使いホーダイとは名ばかりで、メールであってもパケット通信料が無料対象外のものもあります。利用の際には注意事項を良く把握しておく必要があります。

それにしてもスマートフォンの料金プランてほんとに複雑ですね。Webで得られる情報だけでは理解できないものも多いし、その解釈で合っているのか正直不安になります。


アプリのパケット通信を防ぐ



料金プランを変更したことで、パケット定額サービスが「パケ・ホーダイ シンプル」になりました。これにより基本のパケット通信料は0円になりますが、これだけでは0円を維持するこはできません。もちろんスマートフォンを一切操作していなくてもです。

その理由は、スマートフォンにインストールしているアプリが利用者の意図に反して、例えアプリを起動していなくてもドコモの回線に接続してパケット通信をすることがあるためです。

油断しているとパケット通信料がどんどん膨れ上がってしまうので、下記の設定でデータ通信を無効にしてアプリが勝手にドコモ回線に接続するのを防ぐ必要があります。


■データ通信を無効にする方法
「設定」 > 「ネットワーク設定」 > 「モバイルネットワーク」 > 「データ通信を有効にする」のチェックマークを外します。
※Android OS 4.0.4での設定方法です。


ちなみに、データ通信を無効にしていても電話の機能は有効のままです。


データ通信が無効でもspモードへの接続を求められる



データ通信を常に無効にしながらWi-Fiでドコモのメールアプリを使用していると、数ヶ月に1度の頻度で「マイアドレス」の情報更新を理由にspモードへの接続を求められることがあります。

マイアドレスとは、自分のメールアドレスをスマートフォンに確認させるための機能です。

spモードを使ったマイアドレスの更新にかかるパケット通信料は無料のようですが、もしかするとその間にアプリがパケット通信をする可能性も考えられます。


最低料金の維持は結構大変!



メール使いホーダイプランを利用する人は、月の料金を極力安く済ませたいと考えている方がほとんどだと思われます。

基本的に通話はしないし、ドコモの回線を使ってアプリをダウンロードしたりインターネットをしないというのが大前提です。必要な通信はドコモの回線を使用しないで済むように、自宅などでスマートフォンをWi-Fiに接続できる環境がないと、メール使いホーダイの最低料金を維持するのは難しいと思われます。

Wi-Fiに接続できない場合は、データ通信を有効にしないとメールの送受信は行えないし、有効にしている間にアプリによる何かしらのパケット通信が発生する可能性もあります。この場合、アプリの設定で動作を強制停止にすれば勝手な接続は発生しないと思われますが、すべてを手作業でやらなくてはならないため現実的な手法とはいえません。

このようにメール使いホーダイで最低料金を維持するためには工夫も必要だし何かと大変です。メール使いホーダイに加入後、その使い方に慣れるまでは、My docomoにてその日の料金に変化がないか確認することをおすすめします。


余談:きっかけはポケモンGO!



2016年7月に「ポケモンGO」がスマートフォンアプリとして配信されました。世界中で大ヒットしているニュースが毎日のように入ってくると、自分もやってみたいな!と思うわけです。

ただSH-01Dはスペック的にも性能不足なのは分かっていたし、案の定、動作対象外だったのですが、ここで初めて「機種変更」というキーワードが頭を過ぎりました。

もうそろそろ5年目になろうとしているからいいよね、と自分に言い聞かせつつ、ポケモンGO対応機種と料金について調べているうちに、以前から高いと感じていた料金についてまずはどうにかしようと思い立ち、今回のプラン変更となりました。

それにしても新しいスマートフォンを買おうと思い立って、品定めしている時に感じた不安混じりの高揚感。Webサイトを眺めていただけなのになんであんなにもドキドキするんだろうなぁ…。

結局のところ、SH-01Dに不具合は無いし未使用のバッテリーパックもあるので、新しいスマートフォンは一旦お預けにしてもう少しだけ頑張ってもらうことにしました(^o^)


スポンサーリンク



関連コンテンツ(広告含む)

日記・雑感 カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
お菓子を買うと「ハローキティ」のクリアファイルを貰えるキャンペーンがセブンイレブンで開催
「ポケモン ウルトラサン・ムーン」DL容量が公開、ローソンでDLカードを購入してピカチュウとモンスターボールのテーマを貰おう!
「スーパーマリオ オデッセイ」DL容量と攻略本について
メッシュ素材で軽くて通気性抜群!アシックスのランニングキャップ「XXC203」を使ってみた
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
スポンサーリンク
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。