GACKTさんが「メタルギアソリッドV」に挑戦!実況プレイ動画がガメセンテルで公開。金色のランボルギーニはジャガーXJRに!

ガメセンテルYouTubeのネスレ日本公式チャンネルで毎日配信されている、GACKTさんによるゲーム実況動画チャンネル「帰ってきたガメセンテル」にて、コナミの「メタルギアソリッドV」が取り上げられました。また、売りに出したと噂されていた、ガレージに神々しく鎮座していた金色のランボルギーニについても触れられていました。GACKTさんがランボルギーニを手放した理由は如何に!?


待望のメタルギアシリーズに挑戦! GACKT × メタルギアソリッドV #1






メタルギアソリッドV」は、GACKTさんにプレイしてもらいたいゲームで最もリクエストの多いタイトルなんだそうです(てっきりGTAVかと思ってました)。

動画ではGACKTさんが「メタルギアソリッド2」のCMに出演していたことや、メタルギアソリッドの生みの親である小島秀夫氏が、シリーズが出る度に新作を送ってくれるというエピソードを明かしています。

個人的にメタルギアソリッドはシリーズを通してほとんどプレイしたことがないのですが、ゲームのオープニング?の演出には思わず見入ってしまいました。GACKTさんがどういったスニーキング術を見せてくれるのか、今後の展開が楽しみです。

そう言えばGACKTさんて、ゲームのお仕事もちょくちょくしているようですね。ガメセンテルで「クライシスコア ファイナルファンタジーVII」をプレイしたときも、ご自身がジェネシス役で出演していたことを話していました。


GACKTさんの愛車はジャガーXJRに!



ゲームをプレイする前に、GACKTさんの愛車であった金色のランボルギーニについても話題に触れられていました。

ガメセンテルで任天堂の「スプラトゥーン」がプレイされたことを当ブログでご紹介したときに、GACKTさんの金色のランボルギーニが中古車販売サイトに売りに出されていたことについても私が勝手に記事で書いていたのですが、やはりGACKTさんはこの金色のランボルギーニを手放していたようです。

GACKTさん曰く、「日本ではランボルギーニが乗りづらいから」。

確かに素人の私から見ても、ランボルギーニは日本の交通事情には適していないことは分かります。車幅は広いし車高は低い、車の性能が発揮できる場所が少ないし、周りから嫌というくらいに注目されてしまいます。

デザインはカッコいいしお金があったら自分も欲しいと思うけど、例え自分の車になったとしても、普段乗りではなくてちょっとしたドライブ用に使うと思いますねw

GACKTさんは「Valet Parking」(ホテルやレストランの駐車サービス)が日本に無いことや、駐車場に降りれないことを理由に挙げています。

自分で運転してきた車のキーを係の人に渡して代わりに駐車してもらうアレですね。「Valet Parking」というサービス名だということは初めて知りました。外国映画とかではこういったシーンを良く見るけど、確かに日本ではこういったサービスは聞いたことがありません。

駐車場に降りれないというのは、車高が低いから地下に降りられないという意味でしょうか。それに車高が低いと立体駐車場にも入れないこともあるみたいです。都内ではこういった場所も多いでしょうから、確かにランボルギーニは乗りづらそうですね、

そして気になるのがGACKTさんの次なる愛車ですが、ジャガーのXJRという最高級の車を発注済みで、今は納車待ちの状態なのだそうです(ガレージにあるのは代車)。XJRと聞くと、個人的にはヤマハのバイクを方が思い浮かんでしまいますw

GACKTさんが久しぶりに感動したというジャガーXJR。ゲーム番組なのに車にも長く触れているので、納車されたらまた話題になることがあるかもしれませんね。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

ゲーム カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
メッシュ素材で軽くて通気性抜群!アシックスのランニングキャップ「XXC203」を使ってみた
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
攻略本「ファイアーエムブレム無双」徳間書店から発売
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。