ロジクール「F310」PCゲームパッド(コントローラ)レビュー、Win10にも対応

ロジクール F310 ゲームパッド今から約2年程前に購入し、開封せずに長らく放置していたロジクールのゲームパッド(コントローラ)「F310」をやっとのことで開封しました。当エントリーではF310の外観と機能の紹介や手に握ってみた感想、Windows10への対応などについて書いています。


F310の外観と機能



ロジクール F310 ゲームパッド


F310ゲームパッドはプラスチックのパッケージに収められています。

裏面にあるミシン目をめくって開封しますが、それだけではF310を取り出すのに十分な空間を確保することができませんでした。これでもかってくらいに頑丈にパッケージされているし、手だけでプラスチックを破ることは無理なので、開封時にはハサミを別途用意しておくと便利ですよ。


ロジクール F310 ゲームパッド


見た目そのものはプレイステーションのコントローラーンにそっくりのデザイン。若干大ぶりですが手に握った感覚はそれと同じものでした。普段からプレイステーションのゲームで遊んでいる人であれば、違和感なくすんなりと手に持つことができると思います。

質感については価格が価格なので安っぽい感じは否めませんが、指で擦ってみるとマットでサラサラとしたが質感が少しだけ感じられました。

ちなみに、USBケーブルの長さは1.8mあります。また、2本のアナログスティックは押し込み入力に対応しています。


ロジクール F310 ゲームパッド


F310ゲームパッドを握った時に両手の親指が当たる部分には、「ロジクールボタン」「スタートボタン」「バックボタン」「モードボタン」が搭載されています。一見すると連射機能かな?と思いがちですが違うみたいですね。

手元にPCゲームが何も無いので、試しに「ファンタシスターオンライン2」(PSO2)のキャラクタークリエイト体験版というのをダウンロードしてみたところ、モードボタンをONにすると(ランプが点灯する)アナログスティックで操作でき、OFFにすると(ランプが消灯)十字キーで操作することができました。

この体験版で操作した限りでは、普通の家庭用ゲーム機のコントローラの使い勝手となんら変わりはない感じです。

ロジクールボタンは起動したアプリケーションをゲームとして記憶させることで、ゲームを含む様々なアプリケーションが実行されている時でも、Xboxアカウントへのログイン、スクリーンショットの撮影や画面の録画機能をコントローラを使って操作することができるようになります。ちなみにゲームバーはWindows10のオリジナル機能?らしいので、他のOSだと異なる動作をするかもしれません。

スタートボタンは家庭用ゲーム機のコントローラに付いている機能と同じものです。

バックボタンの用途は確認できませんでした。


ロジクール F310 ゲームパッド


スーパーファミコンと同じでABXYのボタンが配置されていますが、配列がそれとは異なるようです。


ロジクール F310 ゲームパッド


上部にはデジタル入力ボタンとアナログ入力トリガーが左右に配置されています。この辺もプレイステーションのコントローラと同じですね。

個人的に気になったのが、トリガーの形状が上に反るような形になっていること。上部にあるボタンとトリガーは両手の人差し指を使って操作すると思いますが、トリガーを押す際に人差し指を持ち上げずにトリガーの方へと移動させると、トリガーの形状をなぞるように人差し指が若干上に持ち上がるような感覚になってしまうのが気になりました。


ロジクール F310 ゲームパッド


F310ゲームパッドの背面には、「Xinput」および「Directinput」のインターフェースモードを切り替えるボタンが付いています。ボタンをスライドさせることにより、これら2つのモードを切り替えることが可能です。

XinputはWindowsOSのゲームで広く使用されている入力の標準規格です。ゲームパッドをサポートする最新のゲームはXinputを使用しています。一方のDirectinputはWindowsOSのゲームにおける従来の入力の標準規格で、ゲームパッドをサポートする古いゲームはDirectinputを使用しているそうです。

F310の説明書によると普段はXinputに設定しておけば良いそうです。購入時点でもXinputにスイッチがスライドされていました。

こういった機能は家庭用ゲーム機では見られないPCならではの機能ですね。


F310とF310rの違いは?



ロジクール F310 ゲームパッド


ゲームパッドの名称が「F310」なのか「F310r」なのかでその違いに困惑している人もいるかと思いますが、これは商品名と型番の違いとして認識して良さそうです。

Amazon.co.jpの商品ページには型番の所にF310rと書かれてあること。またパッケージにはデカデカとF310と書かれてありますが、その隅っこには小さくF310rと書かれてありました。


Windows10にも対応



ロジクールの公式サイトによるとF310は、Windows 7、Windows8もしくはそれ以降、Windows Vista対応と書かれてあり、Windows10への対応が明記されていないのですが、私が使用しているPCがWindows10なので試してみたところ、ドライバのインストールも設定も何もなくすんなりと認識させることができました。

OSが新しい周辺機器を認識すると、画面の右下に「新しいハードウェアを認識しました」的なポップアップが出ていたと思うのですが、そういったものも一切ありませんでした。USBポートに接続後に画面に何も変化が何も無かったので、「認識できないのかな?」って最初は思っちゃいましたねw


まとめ



ここまででF310ゲームパッドの外観と機能の紹介をしてきました。実際のPCゲームでの使い勝手も紹介したかったのですが、あいにく手元にはPCゲームが1タイトルも無いし紹介すると記事も長くなってしまうので、機会があればまた別の記事で紹介したいと思います。

F310ゲームパッドはショップにもよりますが価格も1,500円~2,000円と比較的安価だし、ゲーマーにとって馴染み深いデザインをしていることや人気商品ゆえにレビュー数も多いので、数あるPCゲームパッドのなかでは最も購入しやすいおすすめの商品であることは間違いないでしょう。

PCゲームパッドを購入する際には、その候補のひとつに是非入れてみて下さい。

■F310を通販サイトで購入する

F310
Amazon.co.jp
楽天市場


余談:F310を購入した理由と2年ぶりに開封した理由



元々はWindows版の「ファイナルファンタジーXIV」(FF14)をプレイするために購入しました。

FF14は2013年夏に”新生”で新たにサービスが開始されてからPS3版でプレイしていましたが、翌年2014年4月にWindows XPのサポートが打ち切られる出来事がありました。

その頃、私がメインで使っていたPCのOSがWindows XPだったこともあってその機会にPCを新調することにしたのですが、どうせならFF14が快適に動作するPCにしようということでゲーミングPCをチョイス。ロジクールのF310ゲームパッドはまさにそのタイミングで購入したのでした。

と、この様に意気揚々とゲーミングPCとF310ゲームパッドを購入したはいいものの、実のところFF14で遊ばなくなってしまったし、それゆえにF310ゲームパッドも使ってもいません。

その理由は、Windows XPのサポートが終了するのと丁度同じ時期に、消費税率が5%から8%へと引き上げらたことが関係しています。

私はFF14の決済方法に「クリスタ払い」を選択していて、余分な端数が出るのが嫌でファミリーマートのファミポートで1円単位で購入したWebマネーをクリスタに変換してチャージしていた(←たぶんこんな感じだったはず)のですが、消費税引き上げのタイミングであらかじめチャージしておいたクリスタが増税分だけ不足してしまうという不測の事態が発生!

普通に考えれば分かりそうなことですが、自分のなかで前もってチャージしていた分は大丈夫という安易な考えがあったのだと思います(^_^;)

再度クリスタをチャージすれば済むことですが、数日のあいだログインしなくなったらもういいやって気持ちになってしまって、そのタイミングでFF14を引退しました。

その昔「ファイナルファンタジーXI」(FF11)をPC版でプレイしていた経緯もあってPC版のFF14をプレイしようとしましたが、どちらかというとゲームは据え置きで遊びたい派なので、ゲーミングPCを買ったいいものの、このPCで今日(こんにち)までにゲームは1タイトルもプレイしていません。

F310を部屋の片隅に放置しておくのは勿体無いし、Amazon.co.jpを覗いてみるとどうやら売れ筋の人気商品になっている(←購入した2年前もそうだった)ので、ブログのネタにもなるし面白いかなという思いもあり、この度のレビュー記事となりました。




スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


レビュー(使ってみた) カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
徹夜でプレイしたゲームの思い出
対象商品の購入で、「エヴァンゲリオン」(エヴァ新幹線)のクリアファイルをセブンイレブンで貰おう!
動画で学ぼう!ニンテンドースイッチ液晶保護フィルムの貼り方
「ホリパッド for Nintendo Switch」は、連射ができる低価格な有線コントローラー
攻略本「任天堂公式ガイドブック ARMS」小学館から発売
対象商品を買うと、「けものフレンズ」のチャームが貰えるキャンペーンが、ファミマ&サークルK・サンクスで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。