「Windows10」でウイルス対策!「Windows Defender」を有効/無効に設定する方法

マイクロソフト Windows10半強制的に「Windows10」へとアップグレードさせられた私のパソコンですが、OSが変更されたことにより、今までインストールしていたウイルス対策ソフトが無効になってしまいました。ウイルスセキュリティが無効のままインターネットを使うのは好ましくないので、Windows10に標準装備されている「Windows Defender」が有効になっていることを確認してみることにしました。


Windows Defenderとは



「Windows Vista」以降のOSに標準装備されているセキュリティ対策機能のひとつで、パソコンに侵入したコンピューターウイルスやスパイウェアを検出し、削除することができます。使用はもちろん無料です。

肝心の性能ですが、その性能はあまり高くなくお守り程度だと聞いています。市販のウイルス対策ソフトをインストールするまでの繋ぎだったり、インターネットでちょこっと調べ物をするためのセカンドパソコンに入れて使っている方も多いようです。


Win10へアップグレード直後はDefenderが無効になっているかも



Windows10へのアップグレードが終了し、同時にこれまで使っていたウイルス対策ソフトが無効になったので、Windows Defenderが自動的に有効になっているものと思っていたのですが、確認してみると有効になっていませんでしたΣ(゚Д゚)

Windows Defenderを起動すると、「このアプリは無効になっており、コンピューターを監視していません。」というポップアップが表示されるではありませんか…。

調べてみると、どうやらてっきり無効になっていると思っていたウイルス対策ソフトが起動していたようで、これをアンインストール(削除)することでWindows Defenderの起動を確認することができました。

ちなみに、これまで使用してきたウイルス対策ソフトをオンライン経由でWindows10対応へと拡張する予定があれば、それまでの間はアンインストールせずに無効にしておくと良いかもしれません。

それ以外であれば競合(トラブル)を引き起こす可能性も考えられるので、Windows Defenderとの併用を避けるためにウイルス対策ソフトをアンインストールすることをおすすめします。

アップグレード前にウイルス対策ソフトを使用していて、Windows10で有効なウイルス対策ソフトが手元に用意できていない場合には、Windows Defenderが有効になっていることを確認しておきましょう。


Windows Defenderを有効にする方法



デスクトップ画面左下の「WebとWindowsを検索」をクリックし、“Windows Defender”と入力する。

壁のマークが付いた「Windows Defender」(デスクトップアプリ)が表示されるのでクリックする。


Windows Defender


この時に上記画面が表示されればOK。Windows Defenderがパソコンを保護する動作が開始されています。

ちなみに、これはウイルス対策ソフトがアンインストールされていれば、自動的に有効になるようです。


“このアプリは無効になっており、コンピューターを監視していません。”と表示されたら



「このアプリは無効になっており、コンピューターを監視していません。」のポップアップが表示されると、Windows Defenderが有効に動作していません。

インストールされているウイルス対策ソフトを無効にするかアンインストールすることで、Windows Defenderを有効にすることができます。


ウイルス対策ソフトをアンインストール(削除)する方法



デスクトップ画面左下の「WebとWindowsを検索」をクリックし、“プログラムの追加と削除”と入力する。

歯車マークが付いた「プログラムの追加と削除」(システム設定)が表示されるのでクリックする。

パソコンにインストールされているアプリの一覧が表示されるので、不要になったウイルス対策ソフトを選択し、「アンインストール」をクリックする。


ウイルス対策ソフトを無効にする方法



デスクトップ画面右下のタスクバーに表示されるウイルス対策ソフトのアイコンを右クリックし、“無効”をクリックする。
※私が使用していたウイルス対策ソフトの設定方法なので、ソフトによっては操作が異なるかもしれません。


有効にしたら定義を更新しよう



Windows Defender 定義の更新


Windows Defenderを有効にした直後は、ウイルスおよびスパイウェアの定義が古いものになっている可能性があるので、“定義の更新”を行い、定義のバージョンを最新の状態にアップデートしておきましょう。


定義を最新の状態に維持しよう



無料のウイルス対策ソフトとして使用できるWindows Defenderですが、定義のアップデートは手動で更新するか、「Windows Update」が実行された時にまとめて更新されます。

つまり有料のウイルス対策ソフトのように、定義の更新をリアルタイム(自動的)に実行することができません(自動更新する設定はあるようですが、細かな設定が必要なためここでは省略します)。

Windows Defenderにおける定義の更新はほぼ毎日行われています。日々発生する脅威からパソコンを守るために、少々面倒ではありますが、パソコンを起動した直後に定義の更新を実行しておくと、より安心安全にパソコンを使うことができるでしょう。


Windows Defenderを無効にする方法



Windows Defender 無効


Windows Defenderを使用する場合はその機能をオフにする必要はありませんが、念の為に機能を無効にする方法を解説しておきます。

Windows Defenderの設定画面より、“設定”をクリックします。


Windows Defender 無効


“リアルタイム保護”のチェックをクリックし、“オフ”になっていることを確認します。


Windows Defender 無効


Windows Defenderを開くとPCの状態が危険を示す赤色となっており、リアルタイム保護が無効になっていることが確認できます。


Windows Defenderをアンインストールする方法は?



Windows DefenderはOS標準のセキュリティ機能なので、アンインストールすることはできません。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

日記・雑感 カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
攻略本「ファイアーエムブレム無双」徳間書店から発売
「ポッ拳 DX」DL容量、取扱説明書、データ引き継ぎ、amiiboの使い方などのQ&A
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。