ASICS「ロードジョグ7」購入レビュー、エントリーランナーにおすすめのランニングシューズ

ロードジョグ7ランニングシューズとして履いていたニューバランスの「GM413」がボロボロになってきたので、新しいランニングシューズにASICSの「ロードジョグ7」を購入しました。購入までの経緯と使用感をレビューしています。


長い間ありがとう!GM413



ニューバランスの「GM413」を履いて走っていると、足への衝撃が結構なものになっていることに気付きました。地面から響くような衝撃が足を伝って膝全体で吸収されている感じです。もちろん履き始めの頃はこのようなことは無かったはず。

履き始めから1年半ほど経っているでしょうか。靴の裏側の状態を見てみると、全体的にゴムが擦り切っていてもうボロボロ。かかと部分に至ってはゴムが完全に無くなっていました…。

GM413は良いシューズです。新しい靴を履くと必ずと言っていいほど靴擦れを起こすのですが、GM413ではそういったことはありませんでした。初日から足に馴染んでくれたので履き慣れてくるまでの期間みたいなものが一切無かったし、GM413は私の足との相性が良かったのでしょう。ただデザインがあまり好きではなかったのですが、今では後継モデルがあるのかな?


右膝を故障した時のこと



健康のためにランニングを始めてから3ヶ月ほど経った頃のことです。その日もいつも通りに走ろうとしたところ、走り初めの1歩目で右膝に激痛が走りました。歩くことは出来るのですが走ると右膝が悲鳴を上げるのです。病院でレントゲンを撮ってもらったのですが、骨には異常はないとのこと。疲れが溜まっているのだろうということで、その時は湿布を処方してもらいました。

その後およそ3ヶ月間の休養後にランニングに復帰。完治したかと思いきや、あれから3年が経った今でも、偶に右膝にジワ~とした痛みが広がることがあります。理由は分かりませんが、何故だかランニングを数日間に渡ってサボると痛くなったりするんですよね(^_^;)


ロードジョグ7を購入



靴の知識なんて全く持ち合わせていない私。これまで購入してきた靴は、見た目の良さと価格の安さを重視してなんとなくという感覚で選んできましたが、今回は少しだけ知識を得てから購入することにしました。

インターネットを使って調べてみると、ソールが厚いもの、つまり底の厚いシューズであれば、衝撃をソールが吸収して足への負担を和らげてくれるようです。

メーカー選びでは、ランニングシューズでは世界トップシェアを誇り、日本人の足にフィットするシューズを手掛けてきたというASICSをチョイス。ASICSでもランニングシューズはいくつかあるのですが、今回はその中でもエントリーモデルとなる「ロードジョグ7」を購入しました。


ロードジョグ7


こちらがASICSのロードジョグ7(TJG132)です。ランニング目的ではこれで3足目になります。

サイズは26.5です。ランニングシューズの商品説明やレビューを拝見していると、ひとつ上のサイズを推奨していることが多いのですが、これまでと同じに留めました。

Amazon.co.jpで2,800円ほどで購入。信じられないくらいに安いですのですが、安っぽさを感じさせないデザインも魅力です(^o^)

女性向けに可愛くデザインされた「レディ ロードジョグ7」もありますよ。


ロードジョグ7


上位モデルとなる「GEL-KAYANO 22」と「GT-2000 NEWYORK 3」とも迷いました。GEL-KAYANOは悩んでいる間にAmazon販売分が在庫なしになり、価格の高いテナント出品のみに…。GT-2000 NEWYORKはニューモデルが11月に出るとの情報があり、この時期に買うのはタイミングが悪いので一旦見送ることに。

それでも今すぐ欲しいので、“とりあえず”という意味も含めてロードジョグ7を購入するに至りました。上位モデルを語るには下位モデルについても知っておく必要がありますからね。


ロードジョグ7


靴底はまるでタイヤのようにたくさんの溝が走っています。例え雨の日であっても溝が効率よく水を排出し、グリップ力を高めてくれそうです。


ロードジョグ7を履いてみた感想



ロードジョグ7


ロードジョグ7は足をしっかりと守ってくれる靴です。指の辺りが横に広がったスーパーワイド構造で足入れがしやすく、しっかりした作りでピッタリと足にフィットし、ソールも厚く作られているので高いクッション性を感じられます。

実際に走ってみると足や膝への負担が減っていることが実感できました。このクッション性はこれまでに履いていたニューバランスのNB413よりも確実に上。やっぱりクッション性って大事ですね。特にスピードを出してつま先で地面を蹴った時の柔軟なクッション性には感動すら覚えます。

気になったのは、これまでに履いていたNB413よりは重量が重く感じられたこと(これは個人的な問題ですね)。NB413も同じエントリーモデルですが、履き始めの頃は重量のことは気にならなかったと記憶しています。

<追記>
履き慣れてくると重量はあまり気にならなくなりました。ただランニングシューズとしては重い部類に入るかもしれません。

通気性はほとんどありません。表面のポツポツがメッシュのように見えますが違います。夏場に走っていると足が暑くなりそうです。エントリーモデルなので多くを望んではいけませんね。

ロードジョグ7はウォーキング ~ ジョギング・LSDといった比較的ゆっくり目の運動に適したシューズと言えます。これから走ろうと考えている方への最初の1足としておすすめです。エントリーモデルながらもランニングに必要な基本性能が詰まっているし、日本のメーカーが日本人の足に合うようにデザインしているという理由だけでも履いてみる価値はあると思います。

■通販サイト
Amazon.co.jpで購入する
楽天市場で購入する

最終更新日:2015年11月17日


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

レビュー(使ってみた) カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
攻略本「ファイアーエムブレム無双」徳間書店から発売
「ポッ拳 DX」DL容量、取扱説明書、データ引き継ぎ、amiiboの使い方などのQ&A
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。