USB3.1(Type-C)の特徴とUSB3.0/2.0との違い

USB 新規格 ロゴインテルの新しいチップセット「100シリーズ」を搭載したマザーボードが発表されたことをニュースサイトで知ったのですが、注目すべき機能として、USB3.1コントローラチップが搭載されていることが挙げられていました。


この時にUSB3.1なるものが存在していることを初めて知ったのですが、調べてみると2013年にUSBの最新の規格として発表されていました。

最近では新しい「MacBook」にも搭載されて話題になっていたようです。Apple製品に疎い私は全然知りませんでした…。

USBというと私達にとって最もメジャーで身近なIT規格ですし、今後お世話になることもあるかと思うので、USB3.1がUSB3.0/2.0とどのような違いがあるのか、ということについて調べてみることにしました。

自分への備忘録なのであまり突っ込んだ部分までは調べていませんが、分かったことを簡単にまとめてみましたので気になる方は参考にして下さいね。


転送速度の向上



USB3.1は最大で10Gbpsのデータ転送速度を実現しました。USB3.0が5Gbpsなのでその2倍、USB2.0は480Mbpsなので約20倍もの速度です。(速度はいずれも理論値)

USBメモリーや外付けハードディスクドライブを接続して、大容量のデータ転送をするときにその威力を発揮しそうです。

USB 転送速度比較
画像はエレコムさんより拝借しました。


表裏の両方で差し込めるリバーシブルな新規格Type-Cコネクタが登場



USBと言っても様々な規格があり、コネクタの形状がそれぞれ異なっているために統一性がありませんでしたが、USB3.1で採用される新規格Type-Cコネクタではそれらが1つにまとまり、利便性の向上が図られるようです。

さらにType-Cコネクタの形状は表と裏がないリバーシブルなものに。

私が良く使っているUSBメモリーのコネクタ(Type-A)は長方形の形をしていますが、2分の1の確率で差し込めるはずなのに、一発で差し込めないことのほうが多くて、あれっ?ってなることが多いです(^_^;)

今後はType-Cコネクタを採用したUSBメモリーも出てくるようなので、あの煩わしさから少しでも開放されるのは正直有難いですね。


USB Type-C



Type-Cコネクタがリバーシブルに差し込めることを証明する実演映像です。後ろが覗き込みにくいデスクトップだとより便利ですね。コネクタサイズもmicro USB並にコンパクトです。


耐久性を備えたType-Cコネクタ



micro USBと同程度のサイズのType-Cコネクタですが、耐久性が大幅に強化され、約1万回もの抜き差しにも耐えることができます。

数あるUSB機器のなかでも、携帯に便利なUSBメモリーは抜き差しする回数も多いので、USBメモリーとの相性は良さそうですね。


映像転送、電源供給もUSB3.1で



USBというとマウスやストレージなどの周辺機器を接続するイメージが湧きますが、USB3.1では映像の転送、電源供給(大きな電力)が可能になりました。

映像の転送では、HDMI、VGAなどの規格が存在していますが、USB3.1でもこの機能をサポート。

電源供給については、USB2.0は500mA、USB3.0は900mAでしたが、USB3.1ではさらに増えて最大で1000mAの電力を供給できるようになりました。

これまではスマートフォンやタブレット、デジタルカメラ等の充電であれば問題ありませんでしたが、パソコンへの充電にも対応可能に。実際に新しいMacBookがそうなりましたね。

供給電力の向上により充電以外にも、ポータブルタイプのハードディスクドライブや書き込み可能なブルーレイドライブなどでも、より高性能な周辺機器が登場してくることに期待がかかります。


下位互換性も健在



USB3.1になっても既存の規格(3.0/2.0/1.1)との互換性は維持されているので、世の中に溢れかえっているUSB機器を使用することができます。

もちろん対応した機器同士でないとUSB3.1の転送速度は実現できませんが、資産が活かせるのは嬉しい限り。


まとめ



今回調べてみて以下のことが理解できました。

・転送速度がより速い
・リバーシブルなType-Cコネクタが登場
・高い耐久性を備えたType-Cコネクタ
・映像転送ができる
・供給電力の向上
・下位互換性あり



Type-Cコネクタの登場により、周辺機器の接続方法が今よりも統一される方向に進んでいくだろうし、近い将来、すべての周辺機器がUSBで接続されるようになるのでしょう。

この記事を執筆している段階では、ケーブル、ハブ、ハードディスクケースくらいしか対応機器は登場していないようですし、PCへの搭載もまだこれからですから、USB3.1が一般的になるまでにはもう暫く時間が掛かりそうです。

それまではその性能の高さから、主に動画や音楽といったクリエイティブな物づくりを手掛けている人向けになるかもしれませんね。

ちなみに私が使っているUSB機器で転送速度が活かされるのはUSBメモリーくらいで、USB2.0の転送速度でも十分事足りているので、USB3.1は疎かUSB3.0を使うようになるのも、もうしばらく先になりそうです(^_^;)

それと“USB4.0”というネーミングにならなかった理由も気になりますね。Windows8.1がWindows8のマイナーチェンジであることは知っていますが、こちらも同様にUSB3.0からのマイナーチェンジ的な位置付けなのかな。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

日記・雑感 カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
50円の中古ソフトが日替わりで登場!ゲオスーパーセールが11月23日より開催
お菓子を買うと「ハローキティ」のクリアファイルを貰えるキャンペーンがセブンイレブンで開催
「ポケモン ウルトラサン・ムーン」DL容量が公開、ローソンでDLカードを購入してピカチュウとモンスターボールのテーマを貰おう!
「スーパーマリオ オデッセイ」DL容量と攻略本について
メッシュ素材で軽くて通気性抜群!アシックスのランニングキャップ「XXC203」を使ってみた
スポンサーリンク
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。