TOP > ゲーム容量 > 「スプラトゥーン」DL版の容量は、2.3GB以上

「スプラトゥーン」DL版の容量は、2.3GB以上

スプラトゥーン漫画のようなトゥーンなキャラクターが、インクを飛び散らしながらスプラッシュする、イカたちの本能に赴いた熱いナワバリバトルが展開!任天堂のWii Uソフト「スプラトゥーン」に、ダウンロード版の保存に必要なメモリーの容量が公開されました。


5月28日の発売日を直前に控え、Wii Uタイトルを取り扱う、Amazon・楽天・ジョーシンなどのオンラインショッピングサイトにて、「スプラトゥーン」のダウンロード版が登録されてきました。

上記ショッピングサイトのスプラトゥーンの販売ページによると、ダウンロード版の保存に必要なメモリーの容量は、2.3GB以上となっています。

Wii U本体にデータを保存できる容量は、システムなどが使用する領域を除くと、プレミアムセットが約25GB、ベーシックセットが約3GBです。どちらのモデルもソフトを保存できる容量が少なく、既にWii Uでダウンロードソフトを楽しまれている場合はこの容量より少なくなっていると思われます。ダウンロード版を購入の際には必ず空き容量を確認しておきましょう。


任天堂
5540円
powered by yasuikamo



容量が足りない場合は



必要の無くなったソフト(例えば体験版)を削除して空き容量を増やしたり、外付けハードディスクを接続して容量を拡張することもできます。

USBメモリーも使用できますが、データの書き換え回数制限が厳しいことを理由に、任天堂はその使用を推奨していません。特に安値で手に入るものは耐久性に乏しいので注意が必要です。

この機会にハードディスクの購入を検討されている方は、任天堂のホームページに掲載された動作確認済みUSB記録メディアの中から選んでみましょう。Wii U本体で安心して使用することができます。

この中で個人的におすすめなのが、IOデータの「HDPC-UTYシリーズ」(バスパワータイプ)です。セルフパワータイプと比べて容量が少なく(といっても500GBもある!)USBポートを2つ使いますが、Wii U本体からの電源供給のみで動作でき、場所を取らないコンパクトサイズが最大のメリットです。

一方のセルフパワータイプは、1TB(1,000GB)、2TB(2,000GB)と大容量。ゲームをどんどんダウンロードする方におすすめですが、Wii U本体からの電源供給だけでは動作せず外部電源(ACアダプター)を必要とし、サイズも大きめのものが多いです。


動作確認済みUSB記録メディア(任天堂)


ダウンロードカードも好評発売中



公式による告知は見つかりませんでしたが、インターネット上に寄せられたユーザーからの情報によると、スプラトゥーンの「ダウンロードカード」の販売が既に開始されているようです。

これはフライング販売ではなく、ダウンロードカードは発売日の数日前から店頭に陳列されます。もちろんゲームが遊べるようになるのも発売日になってからです。

「クレジットカードが使えない」「ニンテンドーeショップでプリペイド番号の端数を出したくない」「店舗ごとのポイントサービスを利用したい」という理由など、主に現金でダウンロード版を購入したい方にはダウンロードカードがおすすめです。

今回初めて知りましたが、Wii Uのダウンロードカードはニンテンドー3DSのダウンロードカードとは異なり、コンビニでは取り扱いが行われていないようです。近所にお店が無くてちょっと遠出しないと買いに行けないという方も多いかもしれません。


Wii Uディスクソフト「ダウンロードカード」取り扱い店舗一覧(任天堂)



スポンサーリンク




トピックス

スポンサーリンク



ゲーム容量 カテゴリの最新記事


スポンサーリンク
NEWエントリー
リンク一覧
カテゴリ
お知らせ

Author:ノリィ
ブログについて / Twitter
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。不確定な情報については推測を交えて掲載することもあります。予めご了承ください。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して下さい。