ゲームのあした! > ゲームの感想 > 「FF エクスプローラーズ」体験版を遊んでみた

「FF エクスプローラーズ」体験版を遊んでみた

FF エクスプローラーズスクウェア・エニックスによるニンテンドー3DS期待のタイトル。アクションRPG「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ」の発売に先駆けて、本作の世界観をいち早く楽しめる体験版が配信されたので、早速ダウンロードして遊んでみました。


この体験版には「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ Light」という専用のタイトルが付いていて、序盤のチュートリアルから始まり、2体の召喚獣の討伐までのストーリーを楽しめるほか、本作の売りの1つであるマルチプレイへの対応、セーブデータの一部を製品版へと引き継ぎを可能とした豪華仕様が特徴です。

また、ニンテンドーeショップで配信される体験版は本来は起動回数が設けられていますが、「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ Light」は起動回数の制限が無く、何度でも起動してプレイすることができます。

体験版を終えるまではやり込んではいませんが、印象に残った感想をちょっとだけ書いていきますよ。


Newニンテンドー3DS LLが欲しくなる!



私は初期型の「ニンテンドー3DS」を使っているのですが、画面に表示される文字のサイズが小さいと感じました。製品版ではどうなるかは分かりませんが、画面サイズの大きい「ニンテンドー3DS LL」のほうが文字の可読性は良さそうです。

フィールドの移動で気になったのがカメラ視点の変更。操作が十字キーに割り当てられているので、キャラクターをスライドパッドで移動しながらのカメラ視点の変更ができないに等しいのが辛い。それに敵とのバトルが加わると、アビリティを使ったり、攻撃を避けたりといった行動も取らなければならないので操作が忙しくなる。

本作は周辺機器の「拡張スライドパッド」にも対応しているので、より快適な操作を望むのであれば別途用意するのもいいだろうし、「Newニンテンドー3DS(LL)」では新たに搭載された「Cスティック」がカメラ視点の変更に割り当てられているので、思い切って本体を新調するのもありかも。大きい画面にCスティックを搭載した「Newニンテンドー3DS LL」が、一番快適にプレイできそうです。


オンラインのFF経験者はとっつきやすいかも



ファイナルファンタジーのシリーズの中で、オンライン専用タイトルとなっている「XI」「XIV」のプレイ経験があると、ゲームに慣れるまでが早いかもしれません。

それは主に実戦でという形になりますが、例えば数あるジョブから「ナイト」で例えると、ナイトがPTプレイでどのような立ち回りをするのか、ナイトのアビリティ“挑発”がどのような効果があるのかなど。もちろん別のゲームなので立ち回り方やアビリティの効果が全く同じという訳ではないでしょうが、オンラインのFFをプレイしていればその経験が即座にエクスプローラーズに反映できるのではないかと思います。


スクウェア・エニックス
6264円
powered by yasuikamo




スポンサーリンク




関連コンテンツ&広告


スポンサーリンク



ゲームの感想 カテゴリの最新記事


スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。