ASUS「VivoTab 8(M81C)」MS Office付きで3万円台の格安Windows 8.1 with Bing搭載タブレットPCが発売

VivoTab 8ASUS JAPANより、OSにWindows 8.1 with Bingを搭載したタブレットパソコン「VivoTab 8」が発売されました。本機の特徴は34,250円(税抜き)と驚くべき低価格でありながら、ビジネスにおいてもはや必須といえる定番アプリ「Microsoft Office Home & Business 2013」を搭載している点にあります。


VivoTab 8(M81C) スペックと考察



VivoTab 8

主なスペック
OS:Windows 8.1 with Bing(32bit)
CPU:インテル Atom プロセッサー Z3745(クアッドコア)
ディスプレイ:8型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶(グレアタイプ)
解像度:1,280×800 ドット(WXGA)タッチパネル搭載
グラフィックス機能:インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
RAM:2GB
ROM:32GB
重量(バッテリー装着時):約330g
バッテリー駆動時間:約8.3時間
カラーはブラック(M81C-BK32)とホワイト(M81C-WH32)がラインナップされています。




VivoTab 8のスペックはAtomを搭載したWindowsタブレットパソコンとあまり変わらないものの、Microsoftの基本無料またはそれに近いOS「Windows 8.1 with Bing」を搭載することにより価格の大幅な低下を実現。

しかもOffice搭載でこの価格なのだから何か大きな理由がある?と思うかもしれないが、現在の一般的なWindowsパソコンに搭載されている「Windows 8.1」との違いは、購入時に設定されているInternet Explorer(ブラウザ)の検索エンジンが、マイクロソフトの検索エンジン「Bing」に設定されているという違いだけ。

もちろん購入後に設定を変更しYahooやGoogleにすることもできるし、Google Chrome、FireFoxといった他のブラウザも使うことができます。普通に“Windows 8.1が搭載されていたタブレット”というように捉えて良さそうです。これは恐らくGoogleではなくBingを使って欲しいといったMicrosoftの意図があるのでしょうか!?

気になるハードウェアのスペックですが、CPUにAtomを搭載したスペックは控えめではあるのもも、ウェブや動画の閲覧、さらには軽めの3Dゲームくらいなら卒なくこなしてくれる性能を持っています。

今から5、6年前に“100円パソコン”と共に一時期流行った、「ネットブック」に搭載されていたAtomからは大きく性能が向上しているのです。Atomは省電力に特化したCPUでもあるので、VivoTab 8では約8.3時間という長時間のバッテリー駆動も実現しています。

本体重量は約330gと8型タブレットのなかでは最も軽量なことも特徴の1つ。どこにでも持ちだしてウェブや動画の閲覧、Officeでファイルの編集が行えます。

単品で別途購入すると価格の高いMicrosoftのOfficeがプリインストールされたWindowsタブレットが、3万円台で購入できるというインパクトはかなりのもの。タブレットには他にもiOSやAndroidを搭載したものもありますが、普段使っているWindowsの資産が使えるメリットは大きいと思います。VivoTab 8は今後注目の人気機種となりそうです。


ASUSTek
33624円
powered by yasuikamo

ASUSTek
33624円
powered by yasuikamo


ASUS、約330gの8型クラス最軽量Windowsタブレット(impress)


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

エンタメ カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
「スーパーマリオ オデッセイ」DL容量と攻略本について
メッシュ素材で軽くて通気性抜群!アシックスのランニングキャップ「XXC203」を使ってみた
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
ブックマーク
月別アーカイブ カテゴリー
 
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。