ジェントスのLEDセーフティバンド「AX-710GR」を使ってみた、夜のジョギング・ランニングにおすすめ

ジェントス夜間などの暗い夜道で自分の存在を明るいLEDライトで示してくれる、GENTOS(ジェントス)のセーフティバンド「AX-710GR」を購入しました。主に早朝や夕暮れ時のジョギング・ランニングでの使用を目的に購入したのですが、使ってみた感想などを簡単に書いていきます。


健康を目的にジョギングを始めて早2年。膝や足裏を痛めたりしつつ途中で離脱期間がありながらも、何とか今でも続けられています。始めた頃と比べて走れる距離もだいぶ伸びましたが最近ではその距離も頭打ちで、日によっては距離が伸びない時もあったりなど、走ることにおいても色々と悩みが尽きませんw

私は街灯が少ない田舎道や田んぼの中を走ることが多いのですが、これまでは夜間に走るときでもライトや反射材を携帯せずに走っていました。街灯の少ない場所だと自分自身がほぼ闇に隠れてしまうのですが、対向車やすれ違う人に気づいてもらうタイミングが遅くなるのは、安全を考えるとやっぱり良いことではありません。

そんなことを何度か思いつつ、Amazonを覗いてみたら良さそうなライトがあったので今回購入してみることにしました。


ジェントス LEDセーフティバンド AX-710GR



AX-710GR


Amazonで他の商品とも比較しつつ、最終的にジェントスのLEDセーフティバンド「AX-710GR」を選びました。価格は1,300円程とリーズナブル。型番の“GR”はグリーンの意味で、緑色のLEDライトを発光します。またこれとは別に「AX-710RD」もラインナップされており、こちらはレッド(赤色)のLEDライトを発光します。AX-710シリーズはこの様に2色から選ぶことができます。

今回はじめて知りましたが、ジェントスという会社は「懐中電灯」「自転車用ライト」「ランタン」「ヘッドライト」など、主に照明関連の商品を手がけているようです。取り扱いは終わりましたが、最近までは「電卓」「時計」も手がけていたとのこと。


AX-710GRの特徴



AX-710GR


腕や足首に付けて存在をアピール
・高輝度Φ5mm 緑色 LED×2灯搭載
・点灯/点滅の2モード
・連続点灯約70時間
・点滅約100時間


てっきり“点灯”よりも“点滅”のほうが電池の減りが早いものかと思っていたけど違っていた様子。ちょっと調べてみたらLEDは一般的に、“点灯”よりも“点滅”させたほうが電池の減りが遅いようです。

使用する電池は「CR2032」を2個必要とします(AX-710は充電式ではありません)。購入時にはテスト用電池が内蔵されています。CR2032は、コンビニ・100円ショップ・家電量販店などの多くのお店で売られているので、万が一電池が切れたとしても安心です。

光源となるLEDは球切れの心配がほとんど無いので、末永く愛用することができそうです。


AX-710GR

AX-710GR


別々に分かれているLED本体とバンドをくっつけて使用します。バンドは伸縮性に優れたマジックテープで長さを調整できます。パッと見だと腕時計のようにも見えなくもないですねw


AX-710GR


LEDを点灯させるとすごく明るい!画像は上手く撮れていないのですが、実際の色はより明るい“蛍光グリーン”といった感じです。明るさは抜群でブレること無く安定して発光してくれるし、遠くからの視認性もバッチリ。デザインも含めてなかなかカッコいいですよ。

新劇場版に登場するエヴァ初号機の装甲板の塗装に使われている蛍光グリーンを、もっと明るくするとこんな感じかなぁと思います(笑。


AX-710GRを実際に使ってみて



私はジョギングウェアを腕まくりして、その上から巻くように二の腕に付けて使っていますが、本体重量約40g(電池含む)という軽さもあって、ジョギングをしていても装着していることを忘れてしまうこともあります。とにかく目立つし視認性もバッチリなので、対向車や歩行者も早い段階から存在に気付いてくれているでしょう。

LEDの点灯・点滅・消灯といった動作はひとつのボタンをワンタッチで押すだけなので、例え運動中であっても操作に紛らわしさを感じることはありません。

気になるところを挙げるならば、バンドが短いためにマジックテープでの固定が少々不安定な所です。私は他の人と比べると少々細身なので、ジョギン中にバンドが外れないようにキツ目に固定するのですが、そうするとマジックテープの少しの面積でしか固定することができません。文字にして伝えるのは難しいのですが、私がジョギングウェアを腕まくりしてその上にLEDバンドを巻き付けている理由はこれです。少々不安定なのですが、ジョギング中にマジックテープが外れたことは一度もありません。

また、両腕に付けると安全性がより高まると思いました。私は右腕に付けていますが、これだと右側180度(正面・右側・後方)にしか自分の存在をアピールすることができず、自分が正面を向いていた場合、その左側来る人にはLEDの光はほとんど見えていないはずです。見えていたとしても腕を振った時にチラッと光が見えるか見えないかだと思います。両腕に付けることにより自分の存在を360度どの方角から来る人にアピールすることができるでしょう。

AX-710はジョギングやランニングはもちろん、ウォーキング・犬の散歩・自転車など、夜間の活動時にそこに人が居ることをアピールできるおすすめのLEDライトです。小さなお子様の夜間外出時にも、安全のために是非持たせてあげたいですね。




ジェントス公式によるAX-710の紹介映像です。この映像を見ると実際の使用シーンをイメージしやすいと思います。


比較したLEDライト



DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
379円
powered by yasuikamo


こちらはDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)のLED裾バンド「DA018LB」です。今回ご紹介しているAX-710と同様に、腕や足首に巻きつけて使用するタイプです。

これも購入候補だったのですが、Amazonのレビューを見てみると初期不良や耐久性に難が多いように見受けられたのでやめることにしました。ただ価格は600円ほどと安価な部類に入るし良い評価もあるので、試しに使ってみるのも良いかもしれません。


パナソニック(Panasonic)
990円
powered by yasuikamo


こちらはパナソニックのLEDネックライト「BF-AF10P」です。有名ブランドだし最初はこれにしようかと思ったのですが、首にかけて走った時にライトの部分が跳ねてその度に胸に当たるのではないかと思い、Amazonのレビューを見てみるとやはり思った通りのことが書いてあったのでやめることにしました。激しい運動には向いて無さそうです。ワイド照射で足元を明るく照らすことができるので、ウォーキングとか犬のお散歩には適していそうですね。


現在購入できるLEDバンドのご紹介



AX-710の販売終了に伴い、現在は後継モデルの「AX-800」シリーズと、「AX-900」シリーズがラインナップされています。両シリーズともにバンド部分に若干の変更が加えられているそうですが、基本的な使い勝手は変わらないようです。

下記、AX-710の後継モデルを紹介しています。


AX-800シリーズ






AX-800シリーズは新たに3色での展開となり、「AX-810BL」(ブルー)、「AX-820GR」(グリーン)、「AX-830RD」(レッド)から選べるようになりました。

色以外の違いを調べてみると、新たに防滴機能が追加される改良が施されているようです。防水ではないので水の中に落としたらアウトだと思いますが、雨に降られても大丈夫なくらいの耐水性を備えたというわけですね。


AX-900シリーズ






AX-900シリーズは2014年10月に発売された新製品です。「AX-910LB」(ライトブルー)、「AX-920LG」(ライトグリーン)、「AX-930YW」(イエロー)、「AX-940RG」(オレンジ)、「AX-950PK」(ピンク)といった5色でのカラー展開がされています。

特徴として新たにネオンカラーを採用し、これまでになかった5種類のカラーから選べるようになりました。AX-800シリーズと比べても機能やデザインに大きな違いは無さそうなので、“新色の追加”というように捉えて良さそうです。選べるカラーがたくさん増えましたが、ピンクは女性に喜ばれそうですね。

このように様々な色があると色選びで迷ってしまいがちですが、“相手に警告を促す”という意味では、レッド、オレンジ辺りを選んでおくと、止まれの標識、信号機、車やバイクのテールランプなどで使われる赤色と同じような効果が得られやすく、より安全かもしれない…、と、私が購入したグリーンのLEDバンドを装着して走りながらに感じました。


AX-R100






2015年7月に新製品「AX-R100」の発売が開始されました。主な特徴としてUSB充電が可能になったこと、レッド・グリーン・ブルーの3色のLEDを切り替えることが可能になるなどの変更点が搭載されているようです。

価格はAmazon.co.jpで2,500円程と、従来のシリーズと比較しても高めになっていますが、電池いらずで経済的になったことや、その日の気分でLEDを変更できるようになったのは嬉しいですね。


あわせて買いたいCR2032電池






AX-800、900シリーズはCR2032のボタン電池で動作します。電池はコンビニや100円ショップなどで購入できますが、ボタン電池は数あれど、うちの近所だけかもしれませんが、意外にもCR2032を取り扱っていないお店があることに気付きました。

LEDの光が弱くなると安全性にも関わってくるので、予備の電池は常に手元に置いておきたいものです。

Amazon.co.jpにはパナソニック製のCR2032電池(バルク品)の10個入りが650円ほどの安値で売られています。同じパナソニック製でも通常のパッケージ品だと2個入りで数百円はするので、バルク品は大変お買い得です。

Amazon.co.jpでは実際にLEDバンドと一緒に購入する方が多いようで、LEDバンドの商品ページ内の「よく一緒に購入されている商品」に、このボタン電池が紹介されています。

LEDバンドの購入時に入っている電池もテスト品なので、最初は灯りが暗い可能性もありますし、手元にCR2032が無ければ、あわせて購入することをおすすめしたいですね。


最終更新日:2016年8月26日




スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)


レビュー(使ってみた) カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
VC「ポケットモンスター 金・銀」DL容量と違いについて
「探偵 神宮寺三郎 GOTD」DL容量とセーブ数、初回特典について
ウエハースが入ってないキットカットに遭遇した思い出
ゲオの2017年度お盆ゲームセールの情報が公開
攻略本「いただきストリート DQ&FF 30th」スクウェア・エニックスから発売
アイスを買うと「セーラームーン×マイメロディ」のクリアファイルが貰えるキャンペーンがセブンイレブンで開催
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。