ゲームのあした! > エンタメ > EPSON「NY40S-B」ネットブックを彷彿とさせる低価格ノートPC

EPSON「NY40S-B」ネットブックを彷彿とさせる低価格ノートPC

NY40S-BEPSONが手掛けるPCブランドの「Endeavor(エンデバー)」シリーズより、マイクロソフトの無料OS「Windows 8.1 with bing」を搭載した、11.6型の低価格ノートパソコン「NY40S-B」が新発売されました。


基本スペック



NY40S-B

OS: Windows 8.1 with Bing(64bit)
APU: AMD デュアルコア E1-2100(1.0GHz)
内蔵GPU: Radeon HD 8210
メモリー: 2GB
HDD: 500GB
ディスプレイ: 11.6型HD液晶(タッチ操作には非対応)
通信: IEEE802.11b/g/n準拠 無線LAN+Bluetooth 4.0モジュール
質量: 約1.2kg(バッテリー含む)


NY40S-Bの基本スペックは以上のようになっています。BTOの注文内容により変わってきますが、基本スペック時の価格は34,560円(税込み)~となっていて、コンパクトなノートパソコンでありながら低価格を実現しているのは、まるで数年前に流行した「ネットブック」を彷彿とさせてくれます。

この驚くべき低価格は、マイクロソフトの無料OS「Windows 8.1 with Bing」を採用することにより実現することができました。

「Windows 8.1 with Bing」発表、無印との違いは


同じ筐体を採用した「Windows 7」搭載モデルが42,120円(税込み)~でラインナップされていますが、こちらは7,000円ほど高くなっています。OSの違いだけでこれだけの差が出るんですね。


インターネットや動画閲覧など、普段使いに適した性能



パソコンの性能を左右する重要な要素のひとつ「APU」(CPU)には、AMDの「E1-2100」を採用しています。このAPUは省電力と低発熱に特化したエントリーモデルなので、処理能力はあまり高くはありません。そのため動画や画像などの編集といった、マシンパワーを要求するクリエイティブな作業は苦手なので、こういった用途での使用は辞めたほうが無難です。

インターネットでの調べ物や、ニコニコ、Youtubeなどでの動画閲覧、officeを使った文字入力など、普段使いの用途に適しています。


BTOでメモリー容量を4GBに



NY40S-Bの基本スペックでは搭載メモリーの容量は2GBです。Windows 8.1になってOSのメモリー消費量は下がりましたが、それでも心もとない容量であることに変わりはありません。

販売サイトの「エプソンダイレクト」を覗いてみたところ、メモリーを2GBから4GBへ変更しても価格差は3,000円程のようですし、より快適なパフォーマンスを発揮するためにも、メモリーは4GBを選択しておくと幸せになれること間違いなしです(^^♪


カジュアルな3Dゲームなら動作可能!?



APUの特徴として内蔵グラフィックの性能が高いことが挙げられます。E1-2100は性能が低いので、美麗なグラフィックスを用いた3Dゲームを最高環境でプレイするにはまだまだ力不足ですが、ちょっとしたカジュアルなゲームであれば、環境設定次第では意外と動作してくれるかもしれません。





Youtubeで探ってみると、E1-2100、メモリー4GBといったスペックで「マインクラフト」が動作している動画を見つけました。他にも、「バトルフィールド3」「グランド・セフト・オート4」が動作している動画もありましたので、興味のある方は是非覗いてみてください。

パソコンでゲームをやるならより性能の高い機種をおすすめしますが、E1-2100でこれらのゲームが動作しているのも、APUの高いグラフィックス性能のおかげでもあります。


ネットブックを思い出した



今回のNY40S-Bの発表を受けて、最近ではあまり聞かなくなったネットブックを真っ先に思い出しました。ネットブックとは、10インチ前後のディスプレイ、OSはWindows XP(Vistaも一部あり)、CPUはAtom、メモリーは1GB、HDDは120GB前後といったスペックの機種で、価格は3万円前後から購入できるというものでした。

“コンパクトなノートパソコン、必要最低限のスペック、低価格”と、この三拍子が揃ったパソコンがネットブックでしたが、NY40S-Bはまさしくそれに該当するものです。

また、ネットブックの流行時には「100円パソコン」も話題になりました。イーモバイルのデータ通信カードを同時に契約するとパソコン本体価格から3万円程の値引きが行われ、機種にもよりますがお会計時に100円玉を1枚を出すだけで、パソコンとデータ通信カードを購入することができました。

丁度この時に受付業務をやっていたことがあるのでよく覚えているのですが、ネットブックの注目度はかなりのものでした。単体で購入するよりもデータ通信カードと一緒に契約する方が多かったので、外出先に持ち運んでモバイル用途で利用する方が本当に多かったんだと思います。

最近はタブレットが普及してきたけど、やっぱり物理キーボードで操作したい方も多いはず。モバイル用途はもちろん、2台目のセカンドマシンとして利用したりなど、マイクロソフトの無料OSが登場したことにより誕生したNY40S-Bを筆頭に、今後再び注目を集めるであろう低価格パソコンの市場の成長に期待したいところです。


エプソンダイレクトノートPC(エプソンダイレクト)



スポンサーリンク




関連コンテンツ&広告


エンタメ カテゴリの最新記事
スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。