ゲームのあした! > 日記・雑感 > 老舗ゲームメーカーの雄「カルチャーブレーン」はいま

老舗ゲームメーカーの雄「カルチャーブレーン」はいま

超人ウルトラベースボール アクションカードバトルレトロゲーマーなら一度は耳にしたことがあると思われる、ゲームメーカーの「カルチャーブレーン」。ファミコン時代にはそれなりの有名メーカーだったと思いますが、最近はその名を聞くことがめっきり減ってしまいました。カルチャーブレーンの今はどうなっているのでしょうか?気になったので調べてみました。


カルチャーブレーンと言えば、「スーパーチャイニーズ」「飛龍の拳」などの人気ゲームタイトルを展開し、ゲーム業界の黎明期を牽引してきた老舗ゲームメーカーの雄のような存在です。たまーにですが思うことがあります。カルチャーブレーンは今どうなっているのかなって。

最近だとハドソンがそうですが、ファミコン黎明期を引っ張って来た多くのゲームメーカーが会社をたたんでしまったり、ゲーム事業から撤退してしまっているのが現状です。もしかしたらカルチャーブレーンも…!?と思いきや、嬉しいことにゲームを開発し続けながら頑張っているようです。

そう言えば最近だと、ニンテンドー3DSソフト「超人ウルトラベースボール アクションカードバトル」を発売し、同作の体験版もニンテンドーeショップで配信していました。人間離れした必殺技が展開する野球ゲームで、俗にいうおバカゲーに分類されるのだと思いますが、今の時代にこのノリを出せるゲームメーカーはすごく貴重だと思います。



超人ウルトラベースボール アクションカードバトル


懐かしさと手作り感溢れるホームページのデザイン



カルチャーブレーンのホームページを覗いてみると、最近は主に任天堂の携帯機向けにゲームを出していることが分かりました。普及台数も多いし、開発費に負担が掛からないことが理由でしょうか。その殆どが子供向けのタイトルのようで、かつてゲーム業界を賑わせたスーパーチャイニーズや飛龍の拳といった人気タイトルについては、残念ながらここしばらくは発売されていないようです。

そしてホームページのデザインですが、初めて見る人にとってはちょっとした衝撃を覚えるかもしれません…(゜o゜;。ホームページ作成ソフトを使って作られたようなデザインが、今では懐かしさすら感じさせてくれます。ゲームのホームページはお洒落でカッコいいデザインが多いですが、これはこれで手作り感が感じられて良いのかもしれませんねw

そんなカルチャーブレーンのホームページのなかでも気になるのが、トップページにあるカテゴリメニュー「プレゼント」のページ。同社の人気ゲームに関連したグッズがプレゼントされるみたいで、ホームページから応募するのではなくてハガキで応募する仕組みになっている様子。雑誌の懸賞ならともかく、ハガキで応募するのはちょっと古めかしい気もするけど、かわいいワンちゃんが\ご応募待ってるワン♪/って言ってるし、これは応募するしかないのかな!?w


SFC「スーパーチャイニーズワールド」の思い出



カルチャーブレーンのソフトでは、スーパーファミコンで発売された「スーパーチャイニーズワールド」を持っていました。たしか、2人同時プレイができるアクションRPGでよく似た容姿の双子?の主人公が登場し、赤い拳法着を着た「ジャック」と、青い拳法着を着た「リュウ」を操作できたと記憶しています。

このゲームは当時リアルタイムで遊んで以来のご無沙汰なんだけど、音楽が良かったのは今でもすごく覚えていて、街やショップ、フィールドや戦闘のBGMなど、全体的に記憶に残る曲が多かったと思います。イマイチだったところを挙げると、敵とのエンカウント率が異常に高かったのと、バトルモードでの操作性が良くなかったのが記憶に残ってますね。

あの頃は内容を楽しむよりもキャラクターを動かせるだけでゲームを楽しめていたので、ストーリーについては全く記憶がありませんw結局は難しすぎてゲームをクリアすることはできなかったかな…。





YouTubeには日本語版の動画が見当たらなかったので海外版を貼っておきます。海外版だと「スーパーニンジャボーイ」というタイトルになるんですねw記憶も曖昧だけどちょっと見てみた感じでは言語以外の違いは無さそうですが、勝利した時にバンザイしたポーズがあったと思うけどそれは省かれたのかな?それにしても懐かしいなぁ(´・ω・`)



スポンサーリンク




トピックス


スポンサーリンク



日記・雑感 カテゴリの最新記事


スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。