歌詞が印象に残る、テレビゲームのCM

任天堂テレビゲームのCMで、歌詞が印象に残っているものを記憶を探って思い出してみました。レトロゲーマーなら一度は聞いたことのあるCMソングばかりだと思います(^^ゞ


F1レース(ゲームボーイ)






この記事をポストするきっかけになったのがこのタイトル。任天堂から1990年11月9日に発売されたゲームボーイソフト「F1レース」。レトロゲーマーなら、“♪一人でやるより二人もいいけど、三人四人でF1レース♪”のフレーズが記憶に残っている人も多いはず。F1のコスプレ?をした外人さんに歌と愉快な演技が記憶に残る、不思議な魅力を持ったCMでした♪

このゲームを当時持っていたけど、ジェット(加速)を使った時の“キーーーーーン”というSEの爽快感が半端なく気持ち良かったことも記憶に残っています。

最大で4人対戦にも対応していたけど、人数分のゲームボーイ本体、ソフト、通信ケーブルに加えて、中継地点となる通信アダプタも必要だったのですから、Wi-Fiで簡単に無線接続ができる今とは違って、当時は通信対戦の敷居が高かったのです…。


こんにちは スーパーファミコン






任天堂の「スーパーファミコン」が発売されたときに放送されたCM。1990年11月21日発売なので、F1レースとほぼ同時期のようでした。たぶん、昨今のレトロゲーマーにとって初めての次世代機となったのがこのスーパーファミコンではないでしょうか。マリオが歌う“♪こんにちは~こんにちは♪”のフレーズも、F1レース同様に印象に残ります。

この時期は任天堂の黄金期だったと思いますが、CMからもその雰囲気を十分に感じ取ることができる豪華な内容でした。


星のカービィ(ゲームボーイ)






任天堂から1992年4月27日に発売されたゲームボーイソフト「星のカービィ」。子役の男の子が歌う、カービィの絵描き歌が印象的なCMです。

このゲームも持っていました。たぶんCMに惹かれて買ってもらったんだと思います。最近のカービィはプレイしてないけど、この1作目はかなりハマったし今でも大好きなゲームです。


ファミコンウォーズ(ファミコン)






任天堂から1988年8月12日に発売されたファミコンソフト「ファミコンウォーズ」。兵隊さんたちの掛け声がこれまた印象的なCMです。どちらかと言うと、歌ではなくて掛け声だと思うのですが、記憶に残っていたので紹介しておきます。

Wikiを見て知ったのですが、このCMは本物のアメリカ人の兵隊と基地を使って撮影されたようです。兵隊の横で一緒に走っている教官と最後に映る太めの兵隊のみ、俳優を起用しているとのこと。

ファミコンウォーズは持っていなかったけど、このCMも一度聞いたら忘れることができないですね。そういえばクラブニンテンドーから貰った「ファミコンウォーズDS 失われた光」だけど、まだ手付かずのままだったなぁ。


ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣(ファミコン)






任天堂から1990年4月20日に発売されたファミコンソフト「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」。“手強いシミュレーション”のキャッチフレーズで有名なタイトルです。このCMも印象的なのですが、オペラなので歌声が高音すぎて歌詞全体の内容が聞き取りにくかったんですよね。“手強いシミュレーション”のフレーズも当時は何と言っているか聞き取れなかった。歌詞が気になったので調べてみたら、“勝ってくるぞ”のフレーズを、“買ってくるぞ”(ファイアーエムブレムを買ってくるという意味)だとこれまで勘違いしてた…(^_^;)

ちなみに私がファイアーエムブレムを初めてプレイしたのが、Wiiソフト「ファイアーエムブレム 暁の女神」でした。ヨドバシアキバでワゴンセール並みの価格で売っていたので試しに買ってみたんですよね。それからはこのシリーズが好きになって、後に発売されたニンテンドーDS版と3DS版もプレイしています。


ゼルダの伝説 神々のトライフォース(スーパーファミコン)






任天堂から1991年11月21日に発売されたスーパーファミコンソフト「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」。主人公のリンクとその登場人物が、ヒップホップグループのスチャダラパーが歌うBGMに合わせて踊り、囚われたゼルダ姫を救うといった内容です。流れがキャプテンEOに似ているけど、リスペクトされた部分もあるのかな?

このシリーズでは、はっきりとプレイしたことのあるタイトルだと、ゲームボーイで発売された「ゼルダの伝説 夢をみる島」のみなのですが、かなりハマったのを覚えています。UFOキャッチャーとか、店主に見つからずにアイテムを盗むこともできましたねw


ピクミン(ゲームキューブ)






任天堂から2001年10月26日に発売されたゲームキューブソフト「ピクミン」。“♪引っこ抜かーれて、戦って、食べられて♪”のフレーズで、ゲームとともにCDも大ヒット。ピクミンの視点で歌われた、どこか切なくなる歌詞が特徴的でした。

最近だとシリーズ最新作となるWii Uソフト「ピクミン3」が発売されました。このシリーズは未プレイなので、いつか是非手にとってみたいタイトルです。


昔のCMには夢があった



任天堂のCMのみを集めようとした訳ではないけど他社のCMが全く思いつかず、結果、任天堂ONLYになってしまったw昔のCMが多いのは、CMの変化を感じたり、個人的に地上波をあまり見なくなったこともあると思う。探ればまだあるかもしれないけど、動画の埋め込みが多いとページの読み込みが遅くなるので今回はこの辺にしておきます。

思い返してみると任天堂のCMはやっぱり昔のほうが、センスだったり手作り感の温かみが感じられて良かったと思う。ついつい口付さんだり、真似したくなるような内容が多かった。最近だとジャニーズとか芸能人とか、ナレーションを起用することが多いけどやっぱり昔のほうが好きだなぁ。是非またあの頃のノリを復活させて欲しい。


スポンサーリンク


関連コンテンツ(広告含む)

日記・雑感 カテゴリの最新記事

スポンサーリンク
NEWエントリー
スイッチ版「ドラクエ10 オールインワンパッケージ」ダウンロード容量が公開、microSDカードはほぼ必須!?
New3DS「マインクラフト」ダウンロード容量とセーブ数について
「ミニスーパーファミコン」で使えるUSB ACアダプター
「ミニスーパーファミコン」通販サイトや販売店の予約状況まとめ
攻略本「ファイアーエムブレム無双」徳間書店から発売
「ポッ拳 DX」DL容量、取扱説明書、データ引き継ぎ、amiiboの使い方などのQ&A
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、必ずしも情報の正確性を保証するものではないことをご理解下さい。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。