「Xbox One」国内での販売価格は39,980円、Kinect同梱版は49,980円に!

XBOX ONE日本ではPS4に遅れること約半年。マイクロソフトの次世代機「Xbox One」が9月4日に上陸しますが、これまで明かされていなかった国内での販売価格が発表されました!




海外での発表おいてXbox Oneに標準同梱されていたモーションセンサーデバイスの「Kinect」がオプションとしても選択できるようになり、Kinect同梱版と本体のみという形で購入時に消費者が選択できるようになりましたが、国内でも同様に2つのラインナップで発売されるようです。


Xbox Oneの気になる販売価格は!?



国内での販売価格は、本体のみが39,980円、Kinect同梱版が49,980円(いずれも税抜き)と発表されました!

PS4の価格と比較すると、本体のみの価格はPS4の本体のみと同じですが、Kinect同梱版はPSカメラ同梱版の43,980円という価格からは高めに設定されています。Kinectはその分高性能というわけですね。


価格が並んでだけでは国内でPS4に勝てない



KinectをオプションにしてようやくPS4と価格が並んだXbox One。しかしXboxの国内での地位が危ういだけにこれだけではまだまだ勝てないはず。

国内だとマルチタイトルならPS4版を選ぶ人が多いだろうし、本体価格も重要だけどPS4にはない魅力的なタイトルをどんどん発売して差別化を図って欲しいと思っています。

個人的にこれまではKinectはオプション扱いにすべきと思っていたけど、KinectはPS4との大きな差別化を図ることができるXboxの独自性だったんですよね。それを外したことによってメーカー側からすればKinectを使ったゲームを作らなくてもよくなったわけで。

モーションセンサーってすごく未来的な感じがしてまだまだ発展の余地がある分野だと思っているけど、Kinectを使ったゲームが増えなくなる可能性があるという意味では、それはなんだか悲しいことだと思った…。


Xbox One(マイクロソフト)


スポンサーリンク




関連コンテンツ(広告含む)