ゲームのあした! > ゲーム > 【FF14】PS4版の特徴などを紹介する特設サイトが公開

【FF14】PS4版の特徴などを紹介する特設サイトが公開

FF14全世界で絶賛サービス中のスクウェア・エニックスのオンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」に、PC/PS3に続く待望のニュープラットフォームとなる、プレイステーション4版を紹介する特設サイトが公開されました。


特設サイトでは、新規プレイヤー向けたFF14の概要を紹介するトレーラームービー、パッケージの紹介。既存のプレイヤーに対しては、PS3版からの乗り換えサービスについての説明などが掲載されています。



PS4版のプレイ画面で構成されたトレーラームービー


プレイステーション4版の特徴



PS4版ではPS4本体の高性能なスペックを活かすことにより、フルHDによる綺麗な映像と最大60FPSによる滑らかなモーションを実現しているようです。

ほかにもPS Vitaのリモートプレイに対応したり、シェア機能を使ってゲームをプレイしている様子を世界中にストリーミング配信することもできたり、デュアルショック4のタッチパッドを用いた操作も可能となるようです。


βテストフェーズ1は2月22日(猫の日)から



2月22日という記念すべき猫ちゃんの日に発売されるPS4ですが、その当日からβテストが開始されます。事前の登録や申し込みなどを必要とすることもなく、PS4本体があればどなたでも参加することが可能となるようです。

βテストはフェーズ1とフェーズ2の二回に分けられ、PS4版の発売日である4月14日直前の4月7日まで行われます。フェーズ2で作成したキャラクターは製品版への引き継ぎを予定しているとのこと。これらのテストでは負荷テストや不具合修正などが行われます。βテスト期間中はプレイ料金が発生することはないので、気になっている方はお試しプレイしてみると良いでしょう。


これから始めるなら、PS4もしくはPCがおすすめ



PS4版のメリットはなんといっても、約4万円で購入できるゲーム機でPCに匹敵する環境でゲームを楽しむことができることです。FF14推奨PCがありますが価格は10万円以上がほとんど。コストパフォーマンス抜群なのがPS4なのです。

PS3版もありますが、多くのプレイヤーが密集する場面ではキャラクターが表示されるまでに時間がかかったり、もっと酷い場合は動作がカクカクしてゲームどころでは無くなる場面もあったりします。

私事ですが先日オーディンに偶然に遭遇したところ、プレイヤーが数多く密集したために動作がこれまでに経験したことのないほどにカクカクになってしまい、オーディンではなくPS3との戦いになってしまいました…。そういうこともあったりするので、これからFF14を始めるのであれば、PS4もしくは推奨スペックを持ったPCで遊ぶことをおすすめします。


Xbox360が発売されたときのことを思い出した



今回はPS4本体の発売と同時にPS4版のβテストが開始されますが、これと同じことが2005年12月10日のXbox360発売時に行われていたことを思い出しました。Xbox360発売と同時に、こちらもスクウェア・エニックスのオンラインRPGで現在も好評サービス中の「ファイナルファンタジーXI」のβテストが開始されていたのです。たしかXbox360を購入すると、FF11のβテストに参加するためのディスクが貰えたと記憶しています。

Xboxのネットワーク「Xbox Live」はクローズドで閉ざされたネットーワークを使うので、他の機種が接続しているサーバーとの乗り入れが不可能な仕様でした。その為、本来であれば参入することはできなかったのですが、FF11は特例で認められたことにより発売することができたようです。

マイクロソフトのXbox OneでFF14が発売されるのか気になるところですが、現在でもクローズドな仕様は変わっていないので、その方針が変更されたりFF11の時のような特例の処置がない限りは、Xbox Oneで発売されることは無いのかもしれません。


ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア PlayStation®4版 特設サイト



スポンサーリンク




関連コンテンツ&広告


スポンサーリンク



ゲーム カテゴリの最新記事


スポンサーリンク
NEWエントリー
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。