両国国技館で開催された「ストリートファイター2 ターボ」の大会に参加した時の思い出

ストリートファイター2今から約20年も前にもなる1993年8月19日に、東京は両国国技館で開催されたカプコン公式のゲーム大会、「ストリートファイター2 チャンピオンシップ'93 イン 国技館」に参加した時の思い出を、備忘録を兼ねてここに綴っておこうと思います。かなり昔の話なので記憶も部分的にしか覚えておらず、書けることも少ないのですが良かったら見てって下さい♪


スポンサーリンク


当時を思い返してみると、格闘ゲームのブームはある日突然やってきたように思います。それまではアクションやシューティング、RPGやパズルゲームといったジャンルのゲームを中心に遊んでいましたが、その中にまるで乱入者の如く、突如として格闘ゲームが現れました。

今や格闘ゲームの代名詞的存在とも言える「ストリートファイター2」ですが、何が自分を惹きつけたのか?それは対戦相手との駆け引き、心理戦、コマンド入力、より強い敵に勝った時の達成感など、これまでのゲームでは味わえなかった面白さが詰まっていたのが格闘ゲームだったのだと思います。

最初の頃はスーパーファミコン版がまだリリースされていなかったので、ストリートファイター2で遊ぶにはアーケード版が置いてあるお店に行くしかありませんでした。もちろんこの頃はまだ子供だったこともあり、ゲームセンターに行くわけにもいかなかったので、スーパーの隅っこにあった小さなゲームコーナーで1プレイ50円で遊んでました。もちろん自分一人ではなく友達数人といつも遊んでましたね。

時は流れてスーパーファミコン版「ストリートファイター2 ターボ」の発売後、確か、週刊少年ジャンプで同ソフトを用いた大会の参加者を募る企画があって、試しに応募してみたらなんと当選してしまい、両国国技館で開催される大会に参加するに至ったのです。


両国国技館での記憶



1993年8月19日当日。友達とその母親との3人で両国国技館へ行ってきました。大会の規模とかは事前にあまり詳しく知らなかったので、全国津々浦々から訪れた会場を埋め尽くす人の多さに驚愕。今思うとあの規模で行われるゲーム大会というのは、今の国内では少ないのではないでしょうか?まさにブームの真っ只中という感じでしたね。

肝心の試合記録ですが、2回戦目までは勝利して3回戦目で負けてしまったと記憶しています。2回勝てただけで十分だったので負けても悔しさとかあまり無かったかな。一緒に行った友達は、残念ながら1回戦目で負けちゃいましたけどね。

今でもなんとなく覚えているのですが、ボタンの配置換えをするには対戦相手の許可が必要だったと記憶してます。スーパーファミコンのコントローラーで操作するのに、自分が押しやすい位置にボタンの配置換えをする人は結構多かったですよね。私は日常的にデフォルトのままで操作していたので問題なかったのですが、一緒に行った友達はボタンの配置換えができなかったことが原因で負けてしまったと言っていたように記憶しています。ということは、普段からデフォルト操作をしている人にとっては有利な大会だったのかもしれません。配置換えを要求してきたら断ってしまえば良いわけですからね(*´ω`*)

ちなみに私が負けてしまった3回戦目の対戦者はボタンの配置換えを要求してきたのですが、素直で断りきれなかった私はそれをOKしてしまった訳です。それでも断っておけば違った結果になっていたかもしれないなぁなんて思いますね(笑)。

そしてお土産に購入したのが、知る人ぞ知るストリートファイター2のキャラクターソングCD「熱唱!!ストリートファイターII」。各キャラクター毎のステージBGMに歌詞をつけ、各著名人達が魂を込めて歌うという、聴いてると気持ちも高ぶるアルバムです。


クイズ番組の収録シーンにも出くわした



これもうろ覚えな記憶ですが、国技館内で観客席へと入る扉を開けてみたら、目の前でクイズ番組の収録シーンに出くわした記憶がります。

番組はたぶん「クイズなるほどザワールド」だったかなぁ。クイズ番組の正解の解説シーンで「正解は〇〇でした!」的なシーンがあったりしますが、まさにそのシーンの収録現場だったと思います。

たぶん、ストリートファイター2を題材にしたクイズを作っていたのでしょう。会場にいた子供たちを集めて、そういったシーンの撮影をしていましたね。私はその通路を通りたかったので、撮影風景を後ろから眺めていましたw


大会の様子を動画で






検索してみたらYouTubeに大会の動画がありました!そうそう、こんな規模の大会だったんですよ。懐かしい…。こうやって見てみると、忘れかけていた光景や記憶が呼び起こされます。



スポンサーリンク




関連コンテンツ&広告


日記・雑感 カテゴリの最新記事
NEWエントリー
スポンサーリンク
ブックマーク
お知らせ

Author:ノリィ
>> ブログについて
記事の掲載内容については投稿前に注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではありません。
掲載している画像や動画の著作権は、各権利所有者に帰属致しております。
情報は日々変化していきます。掲載内容を鵜呑みにせず、最新情報をしっかり確認して頂きますようお願い申し上げます。